見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・8月(葉月/August)
    ・16日
    ・木(Thursday)
    ・二十四節気
    ┣「立秋」から9日
    ┗「処暑」まで7日
    赤口
    ・十支:(かのえ)
    ・十二支:(たつ)
    月齢:4
    月名(旧歴日):四日月(よっかづき)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 ▼ドウラクボッケを食べなきゃ



まったくの個人的な思いこみで恐縮だが、北海道の人でホッケ嫌いは少ないのではないか。それに比べて内地(北海道では道外をこう呼ぶ)の人でホッケ好きは少ない。理由は二つある。一つはホッケは鮮度の低下が速いため、北海道食べるホッケが断然美味なこと。もう一つはホッケサイズにある。北海道ではサイズによってホッケを呼び分けている。体長16センチ前後以下の稚魚をアオボッケ、20~25センチをローソクボッケ、それより少し大きめをハルボッケ。40センチ前後の成魚で岩礁地帯に棲みついたのをネボッケ、ネボッケのうちでも丸々と太ったのをドウラクボッケ。
北海道の人は脂がたっぷりのったネボッケやドウラクボッケの開き干しを好む。居酒屋で観察していると、高価であっても躊躇なく注文している。それに比べると内地の人は、ホッケは安魚という意識を持っているからか、高価だと売れない。そこで内地のスーパー居酒屋は、ローソクボッケのクラス仕入れる。味の差は歴然だから、内地の人にホッケ好きが少ない。ぼくはそうにらんでいるのだが。

【出典】 東京書籍(著:東京書籍)
旬のうまい魚を知る本

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 14070640
    0
    しおり
  •      
  •      




   


  1. 旬のうまい魚を知る本>>    >    ▼ドウラクボッケを食べなきゃ

A D

旬のうまい魚を知る本について
いつ、どこで、どの魚がうまいのか?魚をおいしく食べるために知っておくべき知識を日本全国の漁師町を巡り、絶品魚料理を漁る魚狂、野村祐三が伝授。 鮨屋、レストランなどで魚を語れる人になるためのバイブル。
この言葉が収録されている辞典

 旬のうまい魚を知る本


  • 【辞書・辞典名】旬のうまい魚を知る本[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京書籍
  • 【書籍版の価格】1,836
  • 【収録語数】650
  • 【発売日】2002年8月
  • 【ISBN】978-4487797776










関連辞典
旬のうまい魚を知る本 旬のうまい魚を知る本 旬のうまい魚を知る本