見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・8月(葉月/August)
    ・17日
    ・金(Friday)
    ・二十四節気
    ┣「立秋」から10日
    ┗「処暑」まで6日
    先勝
    ・十支:(かのと)
    ・十二支:(み)
    月齢:5
    月名(旧歴日):五日月(いつかつき)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 ▼平安時代にはすでに食用にされていた



昼間は岩陰に隠れ、夜になるとエサを漁る。そんな暮らしがネズミに似ているため海鼠と字が当てられたという。あるいは見た目がネズミに似ているからではないか。
海鼠売りつまんで見せる嫌がらせ
古くは海鼠と書いて「コ」と読んでいた。生のコでナマコと呼ぶようになったらしい。腸の塩辛をコノワタと呼ぶのは、「コ」の腸(ワタ)だからだ。卵巣を干した逸品をコノコと呼ぶのも、「コ」の子だからだ。欧米では食用にしないが、日本では平安時代にはすでにナマコの加工品があったらしく、コノコが献納されたと記録にある。

【出典】 東京書籍(著:東京書籍)
旬のうまい魚を知る本

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 14070596
    0
    しおり
  •      
  •      




   


  1. 旬のうまい魚を知る本>>    >    ▼平安時代にはすでに食用にされていた
  1. ◆「▼平安時代にはすでに食用にされていた」の関連ワード

  2. ▼ナマコはなぜコリコリしている?

  3. ▼「海参」は古くからの強壮食材

  4. ナマコ

  5. 海鼠


A D

旬のうまい魚を知る本について
いつ、どこで、どの魚がうまいのか?魚をおいしく食べるために知っておくべき知識を日本全国の漁師町を巡り、絶品魚料理を漁る魚狂、野村祐三が伝授。 鮨屋、レストランなどで魚を語れる人になるためのバイブル。
この言葉が収録されている辞典

 旬のうまい魚を知る本


  • 【辞書・辞典名】旬のうまい魚を知る本[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京書籍
  • 【書籍版の価格】1,836
  • 【収録語数】650
  • 【発売日】2002年8月
  • 【ISBN】978-4487797776










関連辞典
旬のうまい魚を知る本 旬のうまい魚を知る本 旬のうまい魚を知る本