見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・8月(葉月/August)
    ・18日
    ・土(Saturday)
    ・二十四節気
    ┣「立秋」から11日
    ┗「処暑」まで5日
    友引
    ・十支:(みずのえ)
    ・十二支:(うま)
    月齢:6
    月名(旧歴日):六日月(むいかづき)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 ▼小川原湖は日本一の大漁場



全国のシラウオ総水揚量は例年青森県が一番多く、なかでも小川原(おがわら)湖を抱える上北町は全国第1位の水揚量を誇る。汽水湖の小川原湖には、海へ降下するシラウオの群れと、降下しないで越冬するグループがあり、前者のほうが多いといわれる。小川原湖での産卵時期は5月。10~12月に5~6センチになり、降下する群れは高瀬川から海へ下る。沿岸で越冬して、3~5月になると高瀬川をさかのぼり、湖で産卵して寿命を終える
そのシラウオを狙って、9月から12月までの小川原湖で船曳網漁が行われる。一日に何回も網を入れ、網上げのたびに運搬船が港まで運ぶ。だから上北町のシラウオは生きがいいと評判が高い。見るからにか細いシラウオは傷みが早く、鮮度が命なのだ。

【出典】 東京書籍(著:東京書籍)
旬のうまい魚を知る本

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 14070577
    0
    しおり
  •      
  •      




   


  1. 旬のうまい魚を知る本>>    >    ▼小川原湖は日本一の大漁場

A D

旬のうまい魚を知る本について
いつ、どこで、どの魚がうまいのか?魚をおいしく食べるために知っておくべき知識を日本全国の漁師町を巡り、絶品魚料理を漁る魚狂、野村祐三が伝授。 鮨屋、レストランなどで魚を語れる人になるためのバイブル。
この言葉が収録されている辞典

 旬のうまい魚を知る本


  • 【辞書・辞典名】旬のうまい魚を知る本[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京書籍
  • 【書籍版の価格】1,836
  • 【収録語数】650
  • 【発売日】2002年8月
  • 【ISBN】978-4487797776










関連辞典
旬のうまい魚を知る本 旬のうまい魚を知る本 旬のうまい魚を知る本