見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・8月(葉月/August)
    ・19日
    ・日(Sunday)
    ・二十四節気
    ┣「立秋」から12日
    ┗「処暑」まで4日
    先負
    ・十支:(みずのと)
    ・十二支:(ひつじ)
    月齢:7
    月名(旧歴日):上弦の月/弓張月
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 ▼多彩なハナサキガニ料理を味わう



この日「花えん亭」で味わったハナサキガニの煮ガニ(北海道ではゆでガニをこう呼ぶ)は絶好のゆで加減。それに客の食事時間に合わせて活ガニをボイルするから、ゆでたてのあつあつをほおばることができた。普段冷えたカニばかり食べている人ならば有頂天の喜びだろう。
ハナサキガニのシュウマイは手の込んだ一品。もちろん女将の手作りだ。ハナサキガニのむき身、卵、シイタケ、長ネギ、ホイップした鶏卵をたっぷりのバターで炒めて具を作り、マダラのすり身と牛乳で作ったつなぎを加え、皮でくるんで蒸す。このおいしさはどうだろう、豊潤なハナサキガニの香りが鼻孔をくすぐり、混沌としたコクが味蕾(みらい)にじんわりと広がってくる。2個で十分満足。これ以上食べたら罰が当たりそうだ。根室の宿や料理屋ではほかに、姿盛り(生)、甲羅揚げ、焼きガニ、てんぷら、鉄砲汁などのハナサキガニ料理が楽しめる。

【出典】 東京書籍(著:東京書籍)
旬のうまい魚を知る本

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 14070556
    0
    しおり
  •      
  •      




   


  1. 旬のうまい魚を知る本>>    >    ▼多彩なハナサキガニ料理を味わう

A D

旬のうまい魚を知る本について
いつ、どこで、どの魚がうまいのか?魚をおいしく食べるために知っておくべき知識を日本全国の漁師町を巡り、絶品魚料理を漁る魚狂、野村祐三が伝授。 鮨屋、レストランなどで魚を語れる人になるためのバイブル。
この言葉が収録されている辞典

 旬のうまい魚を知る本


  • 【辞書・辞典名】旬のうまい魚を知る本[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京書籍
  • 【書籍版の価格】1,836
  • 【収録語数】650
  • 【発売日】2002年8月
  • 【ISBN】978-4487797776










関連辞典
旬のうまい魚を知る本 旬のうまい魚を知る本 旬のうまい魚を知る本