見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・8月(葉月/August)
    ・16日
    ・木(Thursday)
    ・二十四節気
    ┣「立秋」から9日
    ┗「処暑」まで7日
    赤口
    ・十支:(かのえ)
    ・十二支:(たつ)
    月齢:4
    月名(旧歴日):四日月(よっかづき)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 ▼ソデイカ釣りは「ヒキジ」が命



タル流し釣りに使うバケがまたユニークだ。相手が大型のため、長さが30センチ弱もある。白い布で巻いてあり、まるできりたんぽのよう。その下に大きなイカバリが結ばれている。「白い布を巻くのはアカイカが抱きやすくするためだよ。内部の素材と全体のバランスについては、漁師それぞれに秘訣があり、人には絶対に教えない。帰宅するときも船に置かず、必ず自宅に持ち帰っているんだ」。
米田さんは道具を流し終えると、漁船をゆっくりと走らせて、漁場を何度も往復しては、ウキの変化に目を凝らす。「ほら、あのウキが立っただろう。あれはアカイカがイカヅノにのった証拠だ」。手に糸を持ったベテラン漁師は、ソデイカの引きに合わせて、両手でやったりとったり(これを田後の漁師言葉で「ヒキジ」という)して、慎重に糸を手繰っていく。およそ100メートルの海中から、やっと海面に姿を見せたソデイカはさすがに大きかった。胴の長さ60センチ、重さ12キロはありそうだ。
こうして米田さんは、立っているウキを見つけては、ソデイカを次々に釣り上げていった。田後のソデイカ漁は、8月後半から12月まで続く。

【出典】 東京書籍(著:東京書籍)
旬のうまい魚を知る本

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 14070548
    0
    しおり
  •      
  •      




   


  1. 旬のうまい魚を知る本>>    >    ▼ソデイカ釣りは「ヒキジ」が命

A D

旬のうまい魚を知る本について
いつ、どこで、どの魚がうまいのか?魚をおいしく食べるために知っておくべき知識を日本全国の漁師町を巡り、絶品魚料理を漁る魚狂、野村祐三が伝授。 鮨屋、レストランなどで魚を語れる人になるためのバイブル。
この言葉が収録されている辞典

 旬のうまい魚を知る本


  • 【辞書・辞典名】旬のうまい魚を知る本[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京書籍
  • 【書籍版の価格】1,836
  • 【収録語数】650
  • 【発売日】2002年8月
  • 【ISBN】978-4487797776










関連辞典
旬のうまい魚を知る本 旬のうまい魚を知る本 旬のうまい魚を知る本