見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・8月(葉月/August)
    ・16日
    ・木(Thursday)
    ・二十四節気
    ┣「立秋」から9日
    ┗「処暑」まで7日
    赤口
    ・十支:(かのえ)
    ・十二支:(たつ)
    月齢:4
    月名(旧歴日):四日月(よっかづき)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 ▼ケムシカジカの味噌汁で味のハーモニーを楽しむ



月浜の漁師さんたちがもっとも好むケムシカジカ料理は、なんといってもボッケ汁とも呼ぶ味噌汁だ。「苦玉のほかはすべて利用する。頭やあらはもちろん、エラも胃袋も肝も尾っぽも汁に入れるよ」と自ら包丁をにぎる鈴木さん。エラはそのまま、胃袋は内側のヌメリを包丁でこそげとり、水洗いしてから細く切る。ほかは「銀杏切りの大根だけ」という味噌汁だ。
汁を一口すすると、各部位から絞りだされた滋味が、みごとなハーモニーを奏でている。漁師流に頭や中骨についた身をしゃぶり食いすると、深海でしか育むことができないであろう玄妙な味わいが、いかにも満ち足りた気分にさせてくれるのだ。ひょろひょろした皮と身のしゃぶり心地がまたうれしくて、幸福感にどっぷりつかってしまうのだ。

【出典】 東京書籍(著:東京書籍)
旬のうまい魚を知る本

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 14070522
    0
    しおり
  •      
  •      




   


  1. 旬のうまい魚を知る本>>    >    ▼ケムシカジカの味噌汁で味のハーモニーを楽しむ

A D

旬のうまい魚を知る本について
いつ、どこで、どの魚がうまいのか?魚をおいしく食べるために知っておくべき知識を日本全国の漁師町を巡り、絶品魚料理を漁る魚狂、野村祐三が伝授。 鮨屋、レストランなどで魚を語れる人になるためのバイブル。
この言葉が収録されている辞典

 旬のうまい魚を知る本


  • 【辞書・辞典名】旬のうまい魚を知る本[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京書籍
  • 【書籍版の価格】1,836
  • 【収録語数】650
  • 【発売日】2002年8月
  • 【ISBN】978-4487797776










関連辞典
旬のうまい魚を知る本 旬のうまい魚を知る本 旬のうまい魚を知る本