見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・8月(葉月/August)
    ・21日
    ・火(Tuesday)
    ・二十四節気
    ┣「立秋」から14日
    ┗「処暑」まで2日
    大安
    ・十支:(きのと)
    ・十二支:(とり)
    月齢:9
    月名(旧歴日):上弦の月/弓張月
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 ▼メバチ漁獲高35億円以上のマグロの町



メバチは目玉が大きくてぱっちりしているのでこの名がある。英名がビッグ・アイ・ツナ。赤道をはさんで南北緯度35度までの広い海域に分布し、マグロの中でもっとも漁獲量が多い。味はクロマグロ、ミナミマグロ、キハダに次ぐとされる。もっともマグロ通にいわせると、秋に獲れる生メバチのおいしさは、クロマグロに劣らないとか。
宮城県気仙沼市はマグロの町として知られる。全水揚げ高は例年280億円から300億円。そのうちマグロ延縄(はえなわ)漁でおよそ100億円。これには混漁獲されるサメも含まれているが、延縄漁による水揚げ高としては、まず日本一のはずだ。メバチ漁獲高はそのうち例年35億以上というから半端な額ではない。ここでうれしいのは生で水揚げされるメバチが多いこと。生マグロがどうしても食べたくなると、ぼくがこの町へ足を向けるのはそのためだ。

【出典】 東京書籍(著:東京書籍)
旬のうまい魚を知る本

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 14070493
    0
    しおり
  •      
  •      




   


  1. 旬のうまい魚を知る本>>    >    ▼メバチ漁獲高35億円以上のマグロの町

A D

旬のうまい魚を知る本について
いつ、どこで、どの魚がうまいのか?魚をおいしく食べるために知っておくべき知識を日本全国の漁師町を巡り、絶品魚料理を漁る魚狂、野村祐三が伝授。 鮨屋、レストランなどで魚を語れる人になるためのバイブル。
この言葉が収録されている辞典

 旬のうまい魚を知る本


  • 【辞書・辞典名】旬のうまい魚を知る本[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京書籍
  • 【書籍版の価格】1,836
  • 【収録語数】650
  • 【発売日】2002年8月
  • 【ISBN】978-4487797776










関連辞典
旬のうまい魚を知る本 旬のうまい魚を知る本 旬のうまい魚を知る本