見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・8月(葉月/August)
    ・18日
    ・土(Saturday)
    ・二十四節気
    ┣「立秋」から11日
    ┗「処暑」まで5日
    友引
    ・十支:(みずのえ)
    ・十二支:(うま)
    月齢:6
    月名(旧歴日):六日月(むいかづき)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 ▼ミルクイガイは手で砂泥をあおって獲る



ミルクイガイの取材で、愛知県日間賀(ひまが)島で民宿「はまや」を兼業している漁師の坂口政夫さんを訪ねた。「クロミルとシロミルとでは味が大きく違います。クロミルのほうが甘味が強くてうまい。浜相場もクロミルのほうがずっと高価ですよ」。坂口さんがいうクロミルはミルクイガイのこと。殻も水管も黒っぽいから、この島ではこう呼ぶ人が多い。
坂口さんはミルクイガイを素潜り漁で獲る。この貝は用心深いことはなはだしく、いつも海底の砂泥に30センチほど潜り、漁師が「目」と呼ぶ水管を砂泥地から1~3センチ出している。素潜り漁師はこの目を見つけると、ネットを場所の目印として置き、いったん海面に浮かび上がるフロートにつかまって呼吸をととのえ、再び潜って手で砂泥を掘って獲る。
シャベルという砂を掘る道具もあるけど、これはクロミルの目を痛めるから、私は使わない。手で掘るというより、手であおって水圧をかけ砂泥をはらっていくんですよ」
水深は浅いところで3メートル、深いところで10メートル。長年の経験を積むと、「砂っけを見れば」ミルクイガイがいるかどうかを判断できると坂口さんはキッパリ。

【出典】 東京書籍(著:東京書籍)
旬のうまい魚を知る本

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 14070472
    0
    しおり
  •      
  •      




   


  1. 旬のうまい魚を知る本>>    >    ▼ミルクイガイは手で砂泥をあおって獲る

A D

旬のうまい魚を知る本について
いつ、どこで、どの魚がうまいのか?魚をおいしく食べるために知っておくべき知識を日本全国の漁師町を巡り、絶品魚料理を漁る魚狂、野村祐三が伝授。 鮨屋、レストランなどで魚を語れる人になるためのバイブル。
この言葉が収録されている辞典

 旬のうまい魚を知る本


  • 【辞書・辞典名】旬のうまい魚を知る本[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京書籍
  • 【書籍版の価格】1,836
  • 【収録語数】650
  • 【発売日】2002年8月
  • 【ISBN】978-4487797776










関連辞典
旬のうまい魚を知る本 旬のうまい魚を知る本 旬のうまい魚を知る本