見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・8月(葉月/August)
    ・18日
    ・土(Saturday)
    ・二十四節気
    ┣「立秋」から11日
    ┗「処暑」まで5日
    友引
    ・十支:(みずのえ)
    ・十二支:(うま)
    月齢:6
    月名(旧歴日):六日月(むいかづき)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 ▼マンボウの肝で作る民間薬



以下は勝浦ではなく、静岡・下田の須崎での体験。ここでは昔からマンボウの肝で民間薬を作っていた。肝を長時間とろ火で煮て油状にする。これを冷凍するとラード状に固まる。「飲むと胃潰瘍などが治り、傷口に塗っても効果があるよ」。そう教えてくれた漁師のお宅で、マンボウの脂をほんの少しいただいて、試みに少量を口にふくんでみた。口の中から鼻の中まで、なんともいいようのない匂いが残り、いかにも効果がありそうだ。翌朝、連日の酒で弱っていた胃が、まるで青空のようにすっきりしていたのだった。

【出典】 東京書籍(著:東京書籍)
旬のうまい魚を知る本

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 14070468
    0
    しおり
  •      
  •      




   


  1. 旬のうまい魚を知る本>>    >    ▼マンボウの肝で作る民間薬

A D

旬のうまい魚を知る本について
いつ、どこで、どの魚がうまいのか?魚をおいしく食べるために知っておくべき知識を日本全国の漁師町を巡り、絶品魚料理を漁る魚狂、野村祐三が伝授。 鮨屋、レストランなどで魚を語れる人になるためのバイブル。
この言葉が収録されている辞典

 旬のうまい魚を知る本


  • 【辞書・辞典名】旬のうまい魚を知る本[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京書籍
  • 【書籍版の価格】1,836
  • 【収録語数】650
  • 【発売日】2002年8月
  • 【ISBN】978-4487797776










関連辞典
旬のうまい魚を知る本 旬のうまい魚を知る本 旬のうまい魚を知る本