見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・8月(葉月/August)
    ・16日
    ・木(Thursday)
    ・二十四節気
    ┣「立秋」から9日
    ┗「処暑」まで7日
    赤口
    ・十支:(かのえ)
    ・十二支:(たつ)
    月齢:4
    月名(旧歴日):四日月(よっかづき)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 ▼尻が高いからシリタカ、転じてシッタカ



伊豆半島の民宿でベーゴマに似た小貝を肴に、酒杯を重ねた方は少なくないはず。あれがシッタカである。シリタカとも呼ぶ。語源は殻の先がとんがり、いかにも尻が高い様子だからだ。甑島(鹿児島県)ではタカジリと呼ぶ。これも同様の理由からだろう。
シッタカと呼ばれる小貝は20種類を超えるともいわれ、こいつの定義が難儀なのだ。ぼくの知っているかぎりでは、ニシキウズガイ科のバテイラ、コシダカガンガラ、ギンダカハマガイ、クボガイ、クマノコガイなどをシッタカと呼んでいる。ただし、クボガイやクマノコガイは磯もん、あるいは磯だまと呼んで呼び分けている土地も少なくない。土地によって、シッタカの範疇は広くなったり、狭くなったりする。そのため、こいつの取材は図鑑で確認しながらになる。小粒ながら取材者泣かせの貝といえる。

【出典】 東京書籍(著:東京書籍)
旬のうまい魚を知る本

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 14070360
    0
    しおり
  •      
  •      




   


  1. 旬のうまい魚を知る本>>    >    ▼尻が高いからシリタカ、転じてシッタカ
  1. ◆「▼尻が高いからシリタカ、転じてシッタカ」の関連ワード

  2. ▼磯の小さな紳士たち

  3. ▼シッタカには楊枝がよく似合う

  4. シッタカ

  5. 尻高


A D

旬のうまい魚を知る本について
いつ、どこで、どの魚がうまいのか?魚をおいしく食べるために知っておくべき知識を日本全国の漁師町を巡り、絶品魚料理を漁る魚狂、野村祐三が伝授。 鮨屋、レストランなどで魚を語れる人になるためのバイブル。
この言葉が収録されている辞典

 旬のうまい魚を知る本


  • 【辞書・辞典名】旬のうまい魚を知る本[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京書籍
  • 【書籍版の価格】1,836
  • 【収録語数】650
  • 【発売日】2002年8月
  • 【ISBN】978-4487797776










関連辞典
旬のうまい魚を知る本 旬のうまい魚を知る本 旬のうまい魚を知る本