見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・8月(葉月/August)
    ・16日
    ・木(Thursday)
    ・二十四節気
    ┣「立秋」から9日
    ┗「処暑」まで7日
    赤口
    ・十支:(かのえ)
    ・十二支:(たつ)
    月齢:4
    月名(旧歴日):四日月(よっかづき)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 ▼カメノテ獲りを船上から見学



翌朝、「たきもと」の庭から磯へ下りると、勝さんが小船で待っていてくれた。「干潮で磯が海面から出る頃がカメノテをとりやすいんだ。だから急ぎましょう。磯づたいでも行けるんだが、なれていないと危険だから船で行きます」。
沖の岩礁へ向かって5分ほど走る。「ほら、見えるだろう。あれがカメノテだよ」。指さす方向を凝視しても、大きな岩が見えるばかりだ。船が数メートルまで近づいて、やっと大きな岩と岩のあいだに、サボテンのような生き物が波間に見え隠れしているのを発見した。教えられなければ、まず見つけることはできなかったろう。漁師の視力のよさにあらためて驚くと同時に、わが視力の衰えに嘆くばかりだ。
中村さんが岩にひょいと飛び移った。孫がいるから家族からはおじいさんと呼ばれているのに、さすが現役漁師、その身軽なこと。足下を確かめながら、ノミでカメノテをはがして、軍手をはめた手で受け止める。と書けば簡単そうだが、足場が悪いから、素人ではとてもこうはいかない。15分ほどでザルに半分ほどを獲って、カメノテ漁を終了した。

【出典】 東京書籍(著:東京書籍)
旬のうまい魚を知る本

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 14070356
    0
    しおり
  •      
  •      




   


  1. 旬のうまい魚を知る本>>    >    ▼カメノテ獲りを船上から見学

A D

旬のうまい魚を知る本について
いつ、どこで、どの魚がうまいのか?魚をおいしく食べるために知っておくべき知識を日本全国の漁師町を巡り、絶品魚料理を漁る魚狂、野村祐三が伝授。 鮨屋、レストランなどで魚を語れる人になるためのバイブル。
この言葉が収録されている辞典

 旬のうまい魚を知る本


  • 【辞書・辞典名】旬のうまい魚を知る本[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京書籍
  • 【書籍版の価格】1,836
  • 【収録語数】650
  • 【発売日】2002年8月
  • 【ISBN】978-4487797776










関連辞典
旬のうまい魚を知る本 旬のうまい魚を知る本 旬のうまい魚を知る本