見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・8月(葉月/August)
    ・20日
    ・月(Monday)
    ・二十四節気
    ┣「立秋」から13日
    ┗「処暑」まで3日
    仏滅
    ・十支:(きのえ)
    ・十二支:(さる)
    月齢:8
    月名(旧歴日):上弦の月/弓張月
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 ▼浜だからこその贅沢料理、アンコウのどぶ汁



尾浜ではアンコウのどぶ汁も人気があるアンコウの肝を鍋でから煎りして、ダイコンのいちょう切りを加えて軽く煎る。次にアンコウのあらと皮を入れ、大根が煮えてきたらアンコウのほかの部分を投げ入れる。熱が通ったところに味噌を加えて味をととのえる。アンコウからにじみでる水気だけで作るのが本格派だ。もっとも最近はアンコウが高価なため、産地であってもダイコンだけでなく、ハクサイなどの野菜類を入れて「増量」することが多いらしい。
アンコウは「梅が咲くまで」といわれるとおり冬を旬とする。

【出典】 東京書籍(著:東京書籍)
旬のうまい魚を知る本

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 14070236
    0
    しおり
  •      
  •      




   


  1. 旬のうまい魚を知る本>>    >    ▼浜だからこその贅沢料理、アンコウのどぶ汁
  1. ◆「▼浜だからこその贅沢料理、アンコウのどぶ汁」の関連ワード

  2. 飯蛸

  3. イイダコ

  4. ▼アンコウのとも和えは骨ごとしゃぶり食い

  5. ▼アンコウの吊るし切りと七つ道具


A D

旬のうまい魚を知る本について
いつ、どこで、どの魚がうまいのか?魚をおいしく食べるために知っておくべき知識を日本全国の漁師町を巡り、絶品魚料理を漁る魚狂、野村祐三が伝授。 鮨屋、レストランなどで魚を語れる人になるためのバイブル。
この言葉が収録されている辞典

 旬のうまい魚を知る本


  • 【辞書・辞典名】旬のうまい魚を知る本[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京書籍
  • 【書籍版の価格】1,836
  • 【収録語数】650
  • 【発売日】2002年8月
  • 【ISBN】978-4487797776










関連辞典
旬のうまい魚を知る本 旬のうまい魚を知る本 旬のうまい魚を知る本