見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・8月(葉月/August)
    ・20日
    ・月(Monday)
    ・二十四節気
    ┣「立秋」から13日
    ┗「処暑」まで3日
    仏滅
    ・十支:(きのえ)
    ・十二支:(さる)
    月齢:8
    月名(旧歴日):上弦の月/弓張月
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 ▼浜のサケ料理の傑作「頭の煮つけ」と「三平汁」



オホーツク海に面する常呂町(ところちょう)(北海道)は、ホタテガイの産地として有名だが、サケの定置網漁も盛んな土地である。ここにはサケ料理の傑作が多く、訪れるたびに新しい発見がある。食べることに関する人間の知恵の深さにおそれいるのがサケの頭の煮つけ。生のサケの頭を縦半分に切り、エラを取り除いて水から煮る。煮えたところで、いったん湯から出して頭についているぬめりを取る。それから数時間とろ火でコトコトと煮る。味つけは醤油、みりん、ショウガだけ。骨がふわっとやわらかく、口に含むだけで愉快な気分になる。
サケを食べ尽くすという点では、三平汁に勝る料理をほかに知らない。ジャガイモ、玉ネギ、ニンジン、ハクサイ、ダイコンの野菜類に加えて、サケの身の部分だけでなく頭、スジコ、心臓、チュウ(胃袋)、白子、アラまでをも鍋で煮込む。味つけは味噌と酒粕だ。土地の漁師いわく「都会のやり方は知らないが、私らは頭や白子がはいらないと三平汁といわないよ」。

【出典】 東京書籍(著:東京書籍)
旬のうまい魚を知る本

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 14070176
    0
    しおり
  •      
  •      




   


  1. 旬のうまい魚を知る本>>    >    ▼浜のサケ料理の傑作「頭の煮つけ」と「三平汁」
  1. ◆「▼浜のサケ料理の傑作「頭の煮つけ」と「三平汁」」の関連ワード

  2. 秋刀魚

  3. サンマ

  4. ▼トキシラズ、メジカ、ケイジの正体

  5. ▼7000キロの旅から回帰するサケに感謝!!


A D

旬のうまい魚を知る本について
いつ、どこで、どの魚がうまいのか?魚をおいしく食べるために知っておくべき知識を日本全国の漁師町を巡り、絶品魚料理を漁る魚狂、野村祐三が伝授。 鮨屋、レストランなどで魚を語れる人になるためのバイブル。
この言葉が収録されている辞典

 旬のうまい魚を知る本


  • 【辞書・辞典名】旬のうまい魚を知る本[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京書籍
  • 【書籍版の価格】1,836
  • 【収録語数】650
  • 【発売日】2002年8月
  • 【ISBN】978-4487797776










関連辞典
旬のうまい魚を知る本 旬のうまい魚を知る本 旬のうまい魚を知る本