見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・8月(葉月/August)
    ・18日
    ・土(Saturday)
    ・二十四節気
    ┣「立秋」から11日
    ┗「処暑」まで5日
    友引
    ・十支:(みずのえ)
    ・十二支:(うま)
    月齢:6
    月名(旧歴日):六日月(むいかづき)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 ▼古くから縁起物として利用されてきた



イセエビの語源は、かの貝原益軒先生が著書『大和本草』に「此海老、伊勢より多く来る故、伊勢蝦と号す」と書いている通りである。もっとも江戸中期当時は伊勢で漁獲されたものを伊勢海老、鎌倉でとれたものを鎌倉海老と呼んでいたようである。
このイセエビ、わが国では古くから縁起物として利用されてきた。はやくも平安時代には祝儀や酒宴の飾りものである「蓬莱飾り」に使われていた。蓬莱とは古代中国の神仙思想の中で説かれる仙境の一つ。山東半島のはるか東方の海中にあり、不老不死の仙人が住むと伝えられた。そんな仙境に似せた飾りには、いかにも厳かな様子のイセエビがよく似合ったということだろう。
武士が政権の中心であった鎌倉時代になると、イセエビの形が甲冑に身をかためた姿を思わせるためか、盛んに儀式や祝儀に用いられた。時代が下った今日、披露宴の卓にイセエビ料理が登場するのは、古武士たれと男をふるいたたせる意味を持っているのだろうか。

【出典】 東京書籍(著:東京書籍)
旬のうまい魚を知る本

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 14070160
    0
    しおり
  •      
  •      




   


  1. 旬のうまい魚を知る本>>    >    ▼古くから縁起物として利用されてきた

A D

旬のうまい魚を知る本について
いつ、どこで、どの魚がうまいのか?魚をおいしく食べるために知っておくべき知識を日本全国の漁師町を巡り、絶品魚料理を漁る魚狂、野村祐三が伝授。 鮨屋、レストランなどで魚を語れる人になるためのバイブル。
この言葉が収録されている辞典

 旬のうまい魚を知る本


  • 【辞書・辞典名】旬のうまい魚を知る本[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京書籍
  • 【書籍版の価格】1,836
  • 【収録語数】650
  • 【発売日】2002年8月
  • 【ISBN】978-4487797776










関連辞典
旬のうまい魚を知る本 旬のうまい魚を知る本 旬のうまい魚を知る本