見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・8月(葉月/August)
    ・18日
    ・土(Saturday)
    ・二十四節気
    ┣「立秋」から11日
    ┗「処暑」まで5日
    友引
    ・十支:(みずのえ)
    ・十二支:(うま)
    月齢:6
    月名(旧歴日):六日月(むいかづき)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 ▼右手のノミではがし左手ですばやくキャッチ



一色海岸の手さぐり漁は見学するだけでも心が浮き立ってくる。解禁の日の正午に海岸に出てみると、磯では女たちが用意万端ととのえて、潮の引くのを待ちながら井戸端会議。みなカッパに磯タビのスタイル。足元の竹籠には、足ヒレ、ノミ、水中眼鏡、スカリなどの道具がそろっている。午後1時を過ぎて潮が引くと、さまざまな形をした岩礁と大小の石が露出してきた。これがトコブシの格好の生息場所になっているのだ。
スカリを腰に結んだ女たちは、腰ほどの水深まではいっていき、時には口元まで水面に沈めて、岩の下や岩の穴を左手でさぐる。まさに手さぐり漁である。トコブシを見つけたり、あるいは左手でさぐり当てると、右手に持ったノミではがして、すばやく左手で捕まえる。あるいは小さな岩をひっくり返し、トコブシ落として捕獲する。「私は体が大きいから、人よりも長く腕がのびて、手さぐり漁では有利なんですよ」とこの日の大漁にご満悦の鈴木さんだった。

【出典】 東京書籍(著:東京書籍)
旬のうまい魚を知る本

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 14070124
    0
    しおり
  •      
  •      




   


  1. 旬のうまい魚を知る本>>    >    ▼右手のノミではがし左手ですばやくキャッチ

A D

旬のうまい魚を知る本について
いつ、どこで、どの魚がうまいのか?魚をおいしく食べるために知っておくべき知識を日本全国の漁師町を巡り、絶品魚料理を漁る魚狂、野村祐三が伝授。 鮨屋、レストランなどで魚を語れる人になるためのバイブル。
この言葉が収録されている辞典

 旬のうまい魚を知る本


  • 【辞書・辞典名】旬のうまい魚を知る本[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京書籍
  • 【書籍版の価格】1,836
  • 【収録語数】650
  • 【発売日】2002年8月
  • 【ISBN】978-4487797776










関連辞典
旬のうまい魚を知る本 旬のうまい魚を知る本 旬のうまい魚を知る本