見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・8月(葉月/August)
    ・16日
    ・木(Thursday)
    ・二十四節気
    ┣「立秋」から9日
    ┗「処暑」まで7日
    赤口
    ・十支:(かのえ)
    ・十二支:(たつ)
    月齢:4
    月名(旧歴日):四日月(よっかづき)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 ▼マダコの用心深さを逆手に取ったタコ壺漁



見た通り、マダコはほかの多くの海の生物が持っているような、わが身を守るウロコも殻もない。むきだしの体だから天敵のマダイやウツボの鋭い歯でやられたらひとたまりもない。マダコがよほど用心深いのはそのためだ。昼間は岩のあいだにひそんでいて、夜になると長い腕を巧みに使ってエビやカニなどをからめとる。そのマダコの用心深さを逆手に取ったのが伝統漁法のタコ壺漁である。小心者のタコにとって壺は格好の隠れ家だ。やれうれしやとその底にじっとひそんでいるところを家ごと漁獲してしまう。「とくに食事中は天敵に襲われやすいために壺をよく利用するようだ。壺の中のタコはカニや貝などの食べ残しといっしょに上がってくることが多いからな」とはタコ壺漁師の証言である。なおマダコは見かけによらず清潔好きで、古くなったタコ壺にははいりたがらないらしい。

【出典】 東京書籍(著:東京書籍)
旬のうまい魚を知る本

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 14070053
    0
    しおり
  •      
  •      




   


  1. 旬のうまい魚を知る本>>    >    ▼マダコの用心深さを逆手に取ったタコ壺漁

A D

旬のうまい魚を知る本について
いつ、どこで、どの魚がうまいのか?魚をおいしく食べるために知っておくべき知識を日本全国の漁師町を巡り、絶品魚料理を漁る魚狂、野村祐三が伝授。 鮨屋、レストランなどで魚を語れる人になるためのバイブル。
この言葉が収録されている辞典

 旬のうまい魚を知る本


  • 【辞書・辞典名】旬のうまい魚を知る本[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京書籍
  • 【書籍版の価格】1,836
  • 【収録語数】650
  • 【発売日】2002年8月
  • 【ISBN】978-4487797776










関連辞典
旬のうまい魚を知る本 旬のうまい魚を知る本 旬のうまい魚を知る本