見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・8月(葉月/August)
    ・16日
    ・木(Thursday)
    ・二十四節気
    ┣「立秋」から9日
    ┗「処暑」まで7日
    赤口
    ・十支:(かのえ)
    ・十二支:(たつ)
    月齢:4
    月名(旧歴日):四日月(よっかづき)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 ▼海が荒く塩分が濃いから、白糠産は味がよい



ホッキガイの主な漁場は、北海道太平洋西部と太平洋東部、東北各地の沖。なかでも北海道白糠(しらぬか)沖のホッキガイは味がよいことで定評がある。ここのホッキガイ漁師はこう自慢するのだ。「ここの海は荒いうえに潮が速いんだ。それにほかよりも塩分が濃いね。だからここのホッキはうまいといわれる」。白糠のホッキ漁は例年12月1日に始まり、翌年の6月15日まで続く。多くの鉄の歯が付いた大きな熊手に似た道具「マンガ」を船で引っ張って水深4~16メートルで漁獲する。これを貝桁網(けたあみ)漁法という。マンガは土地によってはマンガンとも呼ばれ、牛馬に引かせた馬鍬(まぐわ)が語源と考えられる。

【出典】 東京書籍(著:東京書籍)
旬のうまい魚を知る本

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 14070036
    0
    しおり
  •      
  •      




   


  1. 旬のうまい魚を知る本>>    >    ▼海が荒く塩分が濃いから、白糠産は味がよい

A D

旬のうまい魚を知る本について
いつ、どこで、どの魚がうまいのか?魚をおいしく食べるために知っておくべき知識を日本全国の漁師町を巡り、絶品魚料理を漁る魚狂、野村祐三が伝授。 鮨屋、レストランなどで魚を語れる人になるためのバイブル。
この言葉が収録されている辞典

 旬のうまい魚を知る本


  • 【辞書・辞典名】旬のうまい魚を知る本[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京書籍
  • 【書籍版の価格】1,836
  • 【収録語数】650
  • 【発売日】2002年8月
  • 【ISBN】978-4487797776










関連辞典
旬のうまい魚を知る本 旬のうまい魚を知る本 旬のうまい魚を知る本