見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・10月(神無月/October)
    ・21日
    ・日(Sunday)
    ・二十四節気
    ┣「寒露」から13日
    ┗「霜降」まで2日
    先負
    ・十支:(ひのえ)
    ・十二支:(いぬ)
    月齢:12
    月名(旧歴日):十二日月
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 旅人木【りょじんぼく】


旅人の渇きを癒したとされるオウギバショウ



シンガポールやマレーシアなどの熱帯地域でよく見かけるオウギバショウ。ヤシのような幹に、バナナのような葉が正面を向いた扇のように広がることからその名がつけられた。大きいものでは葉の長さは五メートルほどにもなるが、木ではなく草の一種で、日本でも熱帯植物園などで見ることができる。このオウギバショウ、「旅人木」または「タビビトノキ」という別名もある。葉が重なっている部分に雨水がたまり、旅人がその水のおかげでのどを潤すことができたからというわけだ。なんともロマンティックな由来だが、実際はどうも根拠がなさそうである。というのも、オウギバショウは通常、渓流のほとりなど水辺に生えるため、旅人がわざわざこの木から水を飲むという説は疑わしい。しかも、雨水などが葉のくぼみにたまったものだから、腐敗したり泥が混じっていることも多く、季節によってはボウフラの発生源になることもある。くれぐれも旅のロマンとばかりに、この水でのどを潤したりしないようにしていただきたい。ついでに、この葉がいつも一定の方角をさしているので、旅人の道しるべになったという話もあるようだが、これもそうでもないらしい。実際の木を見てみるとわかるが、てんでばらばらな方角を向いている。ちなみに、オウギバショウはバショウ科オウギバショウ属の常緑の中高木で、マダガスカル東部が原産である。似たようなものに南アメリカのギアナやブラジルに分布する「タビビトノキモドキ」というものがある。形はとてもよく似ているが、オウギバショウのおしべが六本なのに対してタビビトノキモドキは五本。学術的には別属とされている。

【出典】 東京書籍(著:東京雑学研究会)
雑学大全2

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 14820952
    0
    しおり
  •      
  •      



▼お隣キーワード:リング  ルアー  料金所  流氷  

   


  1. 雑学大全2>生物の不思議>植物    >    旅人木
  1. ◆「旅人木」の関連ワード

  2. リング

  3. ルアー

  4. 料金所

  5. 流氷


A D

雑学大全2について
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾。
この言葉が収録されている辞典

 雑学大全2


  • 【辞書・辞典名】雑学大全2[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京雑学研究会
  • 【書籍版の価格】2,160
  • 【収録語数】1,000
  • 【発売日】2004年8月
  • 【ISBN】978-4487801305










この書籍の関連アプリ

 アプリ


雑学大全2

雑学大全2

  • 定価:480
  • 浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は...>>続く
App store


雑学大全2

雑学大全2

  • 定価:480
  • 浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は...>>続く
Google Play

関連辞典
雑学大全2 雑学大全2 雑学大全2 雑学大全2