見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・10月(神無月/October)
    ・15日
    ・月(Monday)
    ・二十四節気
    ┣「寒露」から7日
    ┗「霜降」まで8日
    先負
    ・十支:(かのえ)
    ・十二支:(たつ)
    月齢:6
    月名(旧歴日):六日月(むいかづき)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 マルクス【まるくす】


家計のやりくりは下手だった大経済学者?



カールマルクスは、一八四八年にエンゲルスとともに『共産党宣言』を著した共産主義思想家・運動家として知られるが、その根本理念をあらわした著書『資本論』が、いわゆるマルクス経済学のバイブルとして名高い資本主義社会では、偏った資本の蓄積が労働者階級を追い詰め、やがて革命が起きるのが必然とし、社会主義社会の成立へとつながる──こう主張しているのが『資本論』だとされているが、本来の彼の経済学研究論文執筆の目的は、資本主義社会の歴史を弁証して「経済的運動法則」を解き明かすことだった。ただ、その研究を突き詰めていったために、資本主義は経済発展の歴史的段階でしかないものととらえるに至り、社会主義啓蒙の必要性に目覚めさせたのだった。こんな彼が、生まれライン・プロイセンのトリーアを離れてボン大学に進学した頃は、経済観念などまるでないただの道楽息子だったことを示すエピソードが残っている。父親は彼が法律家になることを期待したのだが、本来の学問のほかに詩のサークルに参加したり、大学にあった同郷会の幹事になったりして遊びのほうも熱心だった。当然だが、そうしたサークル集まりでは酒の席になる。その遊びがすぎてマルクスは借金を抱えたため、父親が清算の仕送りをし、それにお説教の手紙が添えられていたのである。手紙では金遣いの荒いことを注意され、詩作などにうつつを抜かさないよう釘をさされたにもかかわらず、翌年にベルリン大学へ移ってからも、まだ詩人になることを夢見ての浪費は続いた。当時のベルリン市会議員の年俸が八〇〇タールというところを、マルクスは一年間に七〇〇タールを浪費したというから、いくら父親が資産家であったとしても説教の一つもしたくなっただろう。後に父親の遺産を相続してからも、お金があればすぐに買い物で使い切ってしまって貧乏暮らしだったという。そんな彼の私生活での経済学は、もしかして偏った資本の社会への還元という深慮遠謀だったのかもしれない。

【出典】 東京書籍(著:東京雑学研究会)
雑学大全2

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 14820851
    0
    しおり
  •      
  •      



▼お隣キーワード:マルコ・ポーロ  マンハッタン  マリンスノー  マリモ  

   


  1. 雑学大全2>ヒトの不思議>人物    >    マルクス

A D

雑学大全2について
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾。
この言葉が収録されている辞典

 雑学大全2


  • 【辞書・辞典名】雑学大全2[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京雑学研究会
  • 【書籍版の価格】2,160
  • 【収録語数】1,000
  • 【発売日】2004年8月
  • 【ISBN】978-4487801305










この書籍の関連アプリ

 アプリ


雑学大全2

雑学大全2

  • 定価:480
  • 浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は...>>続く
App store


雑学大全2

雑学大全2

  • 定価:480
  • 浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は...>>続く
Google Play

関連辞典
雑学大全2 雑学大全2 雑学大全2 雑学大全2