見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・10月(神無月/October)
    ・15日
    ・月(Monday)
    ・二十四節気
    ┣「寒露」から7日
    ┗「霜降」まで8日
    先負
    ・十支:(かのえ)
    ・十二支:(たつ)
    月齢:6
    月名(旧歴日):六日月(むいかづき)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 ふじりんご【ふじりんご】


日本が世界に誇るりんご「ふじ」の由来は、女優の山本富士子!?



紅玉、国光、旭、祝、つがる、ふじ、スターキング、ジョナゴールド……、りんごにもいろいろな種類がある。日本のりんご産業は意外に歴史は浅く、明治の初期にアメリカから品種を輸入してはじまった。一八七一(明治四)年には七五品種、一八七五(明治八)年には一〇八品種を輸入して政府が苗木を配布した。そのとき、名前のつけ方は自由だったため、同じ品種でも産地ごとに違う名前が乱立し、収拾がつかなかったという。現在、日本で生産量第一位を誇るりんごは「ふじ」である。青森県藤崎町の当時の農林水産省の試験場が開発した品種である。名前の由来は、一九六二(昭和三七)年、その育成地である藤崎の「藤」をとって命名したのが、名目上の理由になっている。なるほどこれは最も落ち着く理由なのだが、なんと発案者は、違う意味もこめて付けておいたのだという。実は発案者は、当時ミス日本から女優の道へ進んだ山本富士子さんの大ファンだったそうだ。そのためその富士子さんの「ふじ」もかけているのだそうだ。海外でも人気の品種で、「FUJI」の名前で広がって、近年ではアメリカやニュージーランドでも好んで食されている。生産量も日本一であることから、富士山の「ふじ」なのかと思われていることも多いが、実は、美しい女優さんの名前でもあったのである。

【出典】 東京書籍(著:東京雑学研究会)
雑学大全2

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 14820772
    0
    しおり
  •      
  •      



▼お隣キーワード:札つき  不動産広告  富士山③  富士山②  

   


  1. 雑学大全2>生活>野菜・フルーツ    >    ふじりんご
  1. ◆「ふじりんご」の関連ワード

  2. 札つき

  3. 不動産広告

  4. 富士山③

  5. 富士山②


A D

雑学大全2について
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾。
この言葉が収録されている辞典

 雑学大全2


  • 【辞書・辞典名】雑学大全2[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京雑学研究会
  • 【書籍版の価格】2,160
  • 【収録語数】1,000
  • 【発売日】2004年8月
  • 【ISBN】978-4487801305










この書籍の関連アプリ

 アプリ


雑学大全2

雑学大全2

  • 定価:480
  • 浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は...>>続く
App store


雑学大全2

雑学大全2

  • 定価:480
  • 浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は...>>続く
Google Play

関連辞典
雑学大全2 雑学大全2 雑学大全2 雑学大全2