見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・10月(神無月/October)
    ・16日
    ・火(Tuesday)
    ・二十四節気
    ┣「寒露」から8日
    ┗「霜降」まで7日
    仏滅
    ・十支:(かのと)
    ・十二支:(み)
    月齢:7
    月名(旧歴日):上弦の月/弓張月
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 ノミのサーカス【のみのさーかす】


ルイ一四世もヴェルサイユ宮殿で観覧した



ノミのサーカスがあるのをご存知だろうか。おもちゃの車を引いたり、紙でつくった円錐形のスカートをはいて、号令でぴょんぴょん飛び跳ねたりといった芸を見せるのである。一七世紀頃のヨーロッパでは街頭で盛んにおこなわれ、ルイ一四世もヴェルサイユ宮殿に呼んで観覧したという。ノミは、体長の約二〇〇倍の距離をひと跳びできるという、とてつもないジャンプ力を持っている。三対の脚のうち、とくに発達した後脚の力によって、それだけのジャンプが可能なのである。羽はないから脚力だけのジャンプである。では、ノミはどうしてテーブル上のステージから逃げてしまわないのだろう。そのヒミツは簡単だ。まず捕らえたノミを透明なガラスの箱に入れて育てる。ノミは得意のジャンプで逃げようとするが、ガラスに当たって逃げることができない。そのまま数日間放置しておくと、狭い箱から出してもノミはみな、箱と同じ高さで飛ぶようになっているというのだ。一時期、横並びをよしとする日本の教育制度を揶揄して「ノミのサーカスのようだ」といわれたこともあった。昆虫でさえ、環境に合わせ、本来の能力をセーブしてしまうのだから、人間ならなおさらというわけだ。ところで、ノミは病原菌を媒介することによって疫病を蔓延させ、人間社会を恐怖に陥れることがある。代表的なのが一四世紀のヨーロッパを襲ったペストの大流行である。ペストに感染したネズミの血を吸ったノミが人間の血を吸い、一気に広がった。このときの大流行では、ヨーロッパの人口の三割が失われたという試算もなされている。ノミの仲間は世界に約二〇〇〇種いるとされ、ネコにはネコノミが、イヌにはイヌノミ、ヒトにはヒトノミが吸血するが、それ以外の動物を吸血しないわけではなく、ネコノミはヒトもイヌも刺す。室内でペットを飼うことが増えた日本では、ノミの被害が増加傾向にあるというから、愛犬家、愛猫家の方はご注意を。

【出典】 東京書籍(著:東京雑学研究会)
雑学大全2

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 14820685
    0
    しおり
  •      
  •      



▼お隣キーワード:のろま  ノンアルコール  のどごし  野口英世  

   


  1. 雑学大全2>生物の不思議>昆虫    >    ノミのサーカス
  1. ◆「ノミのサーカス」の関連ワード

  2. のろま

  3. ノンアルコール

  4. のどごし

  5. 野口英世


A D

雑学大全2について
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾。
この言葉が収録されている辞典

 雑学大全2


  • 【辞書・辞典名】雑学大全2[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京雑学研究会
  • 【書籍版の価格】2,160
  • 【収録語数】1,000
  • 【発売日】2004年8月
  • 【ISBN】978-4487801305










この書籍の関連アプリ

 アプリ


雑学大全2

雑学大全2

  • 定価:480
  • 浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は...>>続く
App store


雑学大全2

雑学大全2

  • 定価:480
  • 浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は...>>続く
Google Play

関連辞典
雑学大全2 雑学大全2 雑学大全2 雑学大全2