見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・10月(神無月/October)
    ・17日
    ・水(Wednesday)
    ・二十四節気
    ┣「寒露」から9日
    ┗「霜降」まで6日
    大安
    ・十支:(みずのえ)
    ・十二支:(うま)
    月齢:8
    月名(旧歴日):上弦の月/弓張月
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 夏目漱石②【なつめそうせき】


『吾輩は猫である』の猫は、実在した



明治の文豪、夏目漱石の作品のなかでも、猫が主人公という独特の設定とユーモラスな筆致で、いまでも多くの人に読まれている名作文学『吾輩は猫である』。この作品の主人公である猫にはモデルがいた。それは、夏目漱石の家に住みついてしまった野良猫である。夏目漱石はどちらかというと犬派で、妻も猫嫌いだったというから、二人とも野良猫がふらりと家にやってきたのは迷惑だった。そこで、猫を外に放り出すのだが、この猫は相当に図太い性格で、翌朝にはまた漱石の家にふらりとやってきた。どんなに追い出しても必ず戻ってくるため、とうとう漱石のほうが根負けして、その猫を放り出すのをあきらめてしまった。そういう事情のためか、漱石はこの猫に名前をつけてやらなかった。「吾輩は猫である。名前はまだ無い」というわけである。そして、小説同様、ずっと名前はなかったのである。漱石のこの猫への対応は、自分の飼い猫というよりも、その猫が家にいるのを見て見ぬふりをする程度のものだった。それでも、なにかしらこの猫を呼ばなくてはならないときは、「ネコ」と呼んだそうだ。そんな漱石だが、いくどかの引っ越しにも、この猫を連れていったのだから、あながち迷惑なだけの存在ではなかったのかもしれない。そのうえ、猫が死んでしまうと、墓をつくってやり、追悼の句まで添えたというから、漱石にとっては迷惑ながら気になる存在だったのだろう。いずれにしても、この猫がそれほど漱石の私生活を脅かしたおかげで、あの傑作が生まれたのである。

【出典】 東京書籍(著:東京雑学研究会)
雑学大全2

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 14820644
    0
    しおり
  •      
  •      



▼お隣キーワード:ナポレオン①  ナポレオン②  夏目漱石①  夏みかん  

   


  1. 雑学大全2>趣味>書籍    >    夏目漱石②
  1. ◆「夏目漱石②」の関連ワード

  2. ナポレオン①

  3. ナポレオン②

  4. 夏目漱石①

  5. 夏みかん


A D

雑学大全2について
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾。
この言葉が収録されている辞典

 雑学大全2


  • 【辞書・辞典名】雑学大全2[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京雑学研究会
  • 【書籍版の価格】2,160
  • 【収録語数】1,000
  • 【発売日】2004年8月
  • 【ISBN】978-4487801305










この書籍の関連アプリ

 アプリ


雑学大全2

雑学大全2

  • 定価:480
  • 浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は...>>続く
App store


雑学大全2

雑学大全2

  • 定価:480
  • 浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は...>>続く
Google Play

関連辞典
雑学大全2 雑学大全2 雑学大全2 雑学大全2