見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2017年(平成29年/)
    ・10月(神無月/October)
    ・16日
    ・月(Monday)
    ・二十四節気
    ┣「寒露」から8日
    ┗「霜降」まで7日
    仏滅
    ・十支:(ひのえ)
    ・十二支:(ね)
    月齢:25
    月名(旧歴日):二十五夜(にじゅうごや)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 つまようじ【つまようじ】


ようじの頭はなぜ黒いのか?



つまようじをよく見ると、手にする頭のほうの切断面は茶褐色で、側面には何本かの溝が切られている。なぜだろう。つまようじ資料館を併設している広栄社によれば、正式なつまようじの規格は六センチで、かつては、まず両端を尖らせた一二センチスティックの中間点を、のこぎりで切断するという工程でつくられていたため、のこぎりの摩擦で切断面が黒ずんでしまうのだという。そして、どうせ黒ずんでしまうなら、何か飾りをつけてしまおうという発想から、「こけし」をかたどることになったようだ。確かによく見ると、角がしっかり丸みを帯びていて「こけし」が連想できる。溝の数や間隔は各メーカーで異なっており、それぞれの「こけし」になっているというからおもしろい。現在では、日本国内でつまようじをつくっている業者はほとんどなく、ほとんどが中国でつくられているそうだ。だが、もともと技術は日本から伝わったものなので、中国産であっても、「こけし」をかたどったつまようじがつくられているのである。溝をつけることによって無駄なコストがかかるのではないかと思うが、のこぎりが木に溝を刻むように機械をセットするだけなので、とくにコストに変化はないという。

【出典】 東京書籍(著:東京雑学研究会)
雑学大全2

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 14820569
    0
    しおり
  •      
  •      



▼お隣キーワード:  面の皮  ツナ缶  津田梅子  

   


◆関連最新まとめ


  1. 雑学大全2>生活>モノ    >    つまようじ
  1. ◆「つまようじ」の関連ワード


  2. 面の皮

  3. ツナ缶

  4. 津田梅子


A D

雑学大全2について
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾。
この言葉が収録されている辞典

 雑学大全2


  • 【辞書・辞典名】雑学大全2[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京雑学研究会
  • 【書籍版の価格】2,160
  • 【収録語数】1,000
  • 【発売日】2004年8月
  • 【ISBN】978-4487801305










この書籍の関連アプリ

 アプリ


雑学大全2

雑学大全2

  • 定価:480
  • 浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は...>>続く
App store


雑学大全2

雑学大全2

  • 定価:480
  • 浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は...>>続く
Google Play

関連辞典
雑学大全2 雑学大全2 雑学大全2 雑学大全2