見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・10月(神無月/October)
    ・18日
    ・木(Thursday)
    ・二十四節気
    ┣「寒露」から10日
    ┗「霜降」まで5日
    赤口
    ・十支:(みずのと)
    ・十二支:(ひつじ)
    月齢:9
    月名(旧歴日):上弦の月/弓張月
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 太平洋と大西洋【たいへいようとたいせいよう】


「大」と「太」、どうして表記が違う?



太平洋」と「大西洋」。読みは「タイヘイヨウ」と「タイセイヨウ」なのだが、漢字は「太」と「大」である。子どもの頃、地理を学ぶときなどに、二つの大洋がごちゃごちゃになった記憶がある方もいるだろう。なぜこんなややこしい漢字の使い分けになったのだろう。それは、大洋の名称が訳語だからである。太平洋と大西洋という名称にはそれぞれの由来があるが、それを訳したところ、たまたま読み方が似てしまったのだ。まず、太平洋の語源から説明しよう。命名は世界一周の偉業を成し遂げたマゼランである。大西洋を横断したマゼランは、南アメリカ大陸に沿って南下しながら、西に抜ける水路を探していた。ようやく見つけた水路が、いまでも航海の難所に数えられるマゼラン海峡である。マゼランの艦隊は様々な困難と戦いながら、ようやく穏やかな大海に達した。喜んだマゼランは、そこを「El Mar Pacifico」と命名した。この「Pacifico」という単語が「平穏、泰平」という意味なので、「太平洋」と訳されたというわけである。「太平洋」という表記は、一九世紀半ば、古賀増が著した『度日閑言』という書物のなかにでてくるの最初である。その後、「静海」「太平海」などと様々な呼び方があったのだが、大正時代頃には現在の「太平洋」という言い方で落ち着いたようだ。では、大西洋はどうか。もともと大西洋は「Atlanticos」、すなわちアトラスの海と呼ばれていた。これを、明の時代、中国で布教活動をしていたマテオ・リッチが訳語を考えることになる。一六〇二年に出版された『坤輿万図全図』に、「西洋の前方に開けた大きな海」の意と解釈して「大西洋」と記されたとの記録がある。ちなみに中国でも、日本と同じく太平洋」「大西洋」と書くようである。

【出典】 東京書籍(著:東京雑学研究会)
雑学大全2

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 14820515
    0
    しおり
  •      
  •      



▼お隣キーワード:大便  逮捕状  大仏  台風  

   


  1. 雑学大全2>そーだったんだ!>○○との違い    >    太平洋と大西洋
  1. ◆「太平洋と大西洋」の関連ワード

  2. 大便

  3. 逮捕状

  4. 大仏

  5. 台風


A D

雑学大全2について
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾。
この言葉が収録されている辞典

 雑学大全2


  • 【辞書・辞典名】雑学大全2[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京雑学研究会
  • 【書籍版の価格】2,160
  • 【収録語数】1,000
  • 【発売日】2004年8月
  • 【ISBN】978-4487801305










この書籍の関連アプリ

 アプリ


雑学大全2

雑学大全2

  • 定価:480
  • 浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は...>>続く
App store


雑学大全2

雑学大全2

  • 定価:480
  • 浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は...>>続く
Google Play

関連辞典
雑学大全2 雑学大全2 雑学大全2 雑学大全2