見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・10月(神無月/October)
    ・15日
    ・月(Monday)
    ・二十四節気
    ┣「寒露」から7日
    ┗「霜降」まで8日
    先負
    ・十支:(かのえ)
    ・十二支:(たつ)
    月齢:6
    月名(旧歴日):六日月(むいかづき)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 ゴキブリ【ごきぶり】


人間の一〇倍の速さで走る、すごい昆虫



ゴキブリに悪気があるわけではないが、黒光りする、あの姿を見ただけで悲鳴を上げる人は多いだろう。やたらとすばしっこいところも憎悪をかきたてるゆえんではないだろうか。それにしても、ゴキブリはどうしてあんなに速く走れるのだろうか。それは足の動かし方に秘密がある。ゴキブリには足が六本あるが、通常一度に動かすのは三本だけである。体の片側の一本目と三本目、反対側の二本目は動かさず、体を支える三脚の役目をさせ、支える必要のない残りの三本を前へ出す。前に進んだ三本の足で新たな三脚をつくり、今度は静止させていた足を前へ進ませるという動かし方だ。このようにして次々と足を踏み出すことにより、重心は三脚の支えが効く範囲に保たれるから、動いている姿勢のままで静止することも可能だ。これは人間や馬など多くの動物には決してできないワザだという。また歩いている動作を速めるだけで、すぐに走ることもできる。こうしてゴキブリはすばらしいフットワークを持ち、追っ手振り切るのである。カリフォルニア大学バークレー校の研究員らが、あるワモンゴキブリが走る速さを秒速一・五メートルと計測した。これは、およそ時速五・五キロにあたる。これをゴキブリの尺度にあわせて考えてみると、人間が走る速度の一〇倍にあたり、馬の八倍以上にあたるというからすごい。三億年前の化石も出ているゴキブリだが、人間との接触も古く、紀元前三〇〇年のアリストテレスの時代にはすでに記録が見られる。しかし、日本でその記録が見られるのは江戸の中期以後、外国との交流が盛んになってからである。呼び名の由来は「御器(食器)覆り」のつまったものとされている。戦後の混乱や、家屋が保温的になったこと、国外との物資の交流が盛んになったことで類を広め、今日では三五〇〇種以上が確認されている。

【出典】 東京書籍(著:東京雑学研究会)
雑学大全2

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 14820309
    0
    しおり
  •      
  •      



▼お隣キーワード:国籍  国土  小切手  コーヒー  

   


  1. 雑学大全2>生物の不思議>昆虫    >    ゴキブリ
  1. ◆「ゴキブリ」の関連ワード

  2. 国籍

  3. 国土

  4. 小切手

  5. コーヒー


A D

雑学大全2について
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾。
この言葉が収録されている辞典

 雑学大全2


  • 【辞書・辞典名】雑学大全2[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京雑学研究会
  • 【書籍版の価格】2,160
  • 【収録語数】1,000
  • 【発売日】2004年8月
  • 【ISBN】978-4487801305










この書籍の関連アプリ

 アプリ


雑学大全2

雑学大全2

  • 定価:480
  • 浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は...>>続く
App store


雑学大全2

雑学大全2

  • 定価:480
  • 浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は...>>続く
Google Play

関連辞典
雑学大全2 雑学大全2 雑学大全2 雑学大全2