見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・10月(神無月/October)
    ・16日
    ・火(Tuesday)
    ・二十四節気
    ┣「寒露」から8日
    ┗「霜降」まで7日
    仏滅
    ・十支:(かのと)
    ・十二支:(み)
    月齢:7
    月名(旧歴日):上弦の月/弓張月
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 紅茶【こうちゃ】


紅茶がヨーロッパに伝わったのは、日本人のおかげ!?



ヨーロッパで「紅茶の本場」といえば、なんといってもイギリスだが、その昔、イギリスに紅茶を伝えたのは日本だったという説がある。江戸時代、日本は長崎の出島を通じてオランダと貿易をしていたが、この頃に来日したオランダ商人やイエズス会の宣教師たちが、当時隆盛を極めていた日本の茶の湯文化に興味を持ったのがはじまりだという。オランダから伝わった「茶」は、フランスやドイツ、さらにはイギリスへ伝えられたが、その頃、茶は「tea」ではなく、「cha」と呼ばれていたようだ。ただし当時のイギリスでは飲み物としてではなく、薬として珍重されていたという。その後、一六六二年にポルトガルからチャールズ二世へ嫁いできた皇女キャサリンが、喫茶の風習を広めたことから、イギリスでは宮廷を中心に茶を飲む習慣が広まった。そして茶の人気は徐々に庶民にも広がり、一八世紀中頃のイギリスのお茶の消費量は、すでにほかのヨーロッパの国々の約三倍だったといわれている。もっとも、一八世紀はじめ頃には、茶といえばもっぱら「緑茶」をさし、その後徐々に「紅茶」の割合が増えていった。これにはおもしろいエピソードがあり、中国から輸入される茶葉がインド洋、アフリカ南部をまわって、ヨーロッパへ伝えられる間に発酵して、「緑茶」が「紅茶」になったというのだ。しかし、これはまったくのつくり話のようで、はじめから「紅茶」としてつくられた茶がイギリスへ入るようになると、そちらのほうが好みにあっていたため普及したのだろうといわれている。イギリスへの茶の輸入は、イギリスインド会社が独占しておこなっていたが、その後、スエズ運河の開通により航路が新しく開かれたことと、イギリスの中国での覇権が弱くなったことが理由となり、すでに植民地としていたインドで茶を栽培するようになった。現在もポピュラーな紅茶の一つとなっているダージリンが、茶の一大産地として知られるようになったウラには、イギリスのお国事情がからんでいたのだ。

【出典】 東京書籍(著:東京雑学研究会)
雑学大全2

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 14820302
    0
    しおり
  •      
  •      



▼お隣キーワード:公転  高利貸  高知  公職選挙法  

   


  1. 雑学大全2>生活>飲み物    >    紅茶
  1. ◆「紅茶」の関連ワード

  2. 公転

  3. 高利貸

  4. 高知

  5. 公職選挙法


A D

雑学大全2について
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾。
この言葉が収録されている辞典

 雑学大全2


  • 【辞書・辞典名】雑学大全2[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京雑学研究会
  • 【書籍版の価格】2,160
  • 【収録語数】1,000
  • 【発売日】2004年8月
  • 【ISBN】978-4487801305










この書籍の関連アプリ

 アプリ


雑学大全2

雑学大全2

  • 定価:480
  • 浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は...>>続く
App store


雑学大全2

雑学大全2

  • 定価:480
  • 浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は...>>続く
Google Play

関連辞典
雑学大全2 雑学大全2 雑学大全2 雑学大全2