見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2017年(平成29年/)
    ・10月(神無月/October)
    ・16日
    ・月(Monday)
    ・二十四節気
    ┣「寒露」から8日
    ┗「霜降」まで7日
    仏滅
    ・十支:(ひのえ)
    ・十二支:(ね)
    月齢:25
    月名(旧歴日):二十五夜(にじゅうごや)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 アルミホイル【あるみほいる】


二枚重ねで製造することでできる「裏」と「表」



肉や魚をホイル焼きにしたり、ピクニックサンドイッチの包装にしたりと、一家に一本は当たり前アルミホイル。金属製品だからこそ可能な、加熱にも防水にも使える重宝品だ。これは原料であるアルミニウムを加熱しながら、何度もローラーにかけて薄く延ばすという製造方法が使われている。日本の伝統工芸品に使われている金箔・銀箔と同じように、金属を薄く延ばしたものであるところから、アルミ箔とも呼ばれる。金箔・銀箔には裏表がないが、アルミ箔にはピカピカ光った表面と、鈍く光る裏面とがある。食品を包むことが多いため、わざわざ裏表をわかりやすくしてあると誤解している人がいるかもしれないが、実は、製造方法によって生まれたものといえる。アルミホイルは、まずアルミニウムの塊を四〇〇度以上に熱してローラーで延ばす熱間圧延がおこなわれる。それを空気冷却で延ばす冷間圧延、さらに薄く延ばす荒箔圧延という工程を経て薄くしていく。それでも、家庭用アルミホイルの一般的な厚さ〇・〇一五?〇・〇二ミリにまでローラーだけで延ばすには技術的に限界がある。そこで荒箔圧延されたものを二枚重ねて、再びローラーをくぐらせるという仕上げ圧延という工程を加えているのが一般的。延ばすのはここまでで、薄くなった二枚重ねのアルミ箔を今度は一枚ずつにはがす分離の工程がおこなわれる。こうして完成したアルミ箔は、ローラーにかかって磨かれたツルツルの面と、くっついていたのがはがされたため鈍い光を放つ面とを持つことになったのだ。

【出典】 東京書籍(著:東京雑学研究会)
雑学大全2

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 14820025
    0
    しおり
  •      
  •      




   


◆関連最新まとめ


  1. 雑学大全2>生活>モノ    >    アルミホイル

A D

雑学大全2について
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾。
この言葉が収録されている辞典

 雑学大全2


  • 【辞書・辞典名】雑学大全2[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京雑学研究会
  • 【書籍版の価格】2,160
  • 【収録語数】1,000
  • 【発売日】2004年8月
  • 【ISBN】978-4487801305










この書籍の関連アプリ

 アプリ


雑学大全2

雑学大全2

  • 定価:480
  • 浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は...>>続く
App store


雑学大全2

雑学大全2

  • 定価:480
  • 浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は...>>続く
Google Play

関連辞典
雑学大全2 雑学大全2 雑学大全2 雑学大全2