見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・10月(神無月/October)
    ・18日
    ・木(Thursday)
    ・二十四節気
    ┣「寒露」から10日
    ┗「霜降」まで5日
    赤口
    ・十支:(みずのと)
    ・十二支:(ひつじ)
    月齢:9
    月名(旧歴日):上弦の月/弓張月
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 アラビアンナイト【あらびあんないと】


シンドバッドやアラジンは、『アラビアンナイト』には出てこない



アラビアンナイト(千夜一夜物語)』を子どもの頃に胸躍らせて読んだ人は多いだろう。中世イスラム世界で形成されたこの説話集は、どれもが読み出したら一気に読めてしまう魅力にあふれている。『アラビアンナイト』というと、最初に『シンドバッドの冒険』や『アラジンと魔法のランプ』『アリババと四〇人の盗賊』などを思い出す人が多いことと思う。ところが、これらの『アラビアンナイト』の代表と思われている作品群は、実は同書には入っていなかったということがわかってきた。これは、一八世紀のフランスの翻訳者、アントワーヌ・ガランの手によるところが大きい。一六九〇年頃にシンドバッドの写本を手にしたガランは、一六九八年に翻訳を終えた。すぐさまガランは、アラビア語で書かれた『アラビアンナイト』の翻訳にとりかかる。しかし、どういう誤解からか、ガランはシンドバッドを『アラビアンナイト』の長大な物語の一部だと信じきって、三巻目に入れてしまったのである。アラジンに関しては、勘違いというより、どうやら故意に入れたようだ。四巻目のネタ切れに喘いでいたガランは、ハンナ・ディヤーブという修道僧と会う機会に恵まれる。このディヤーブがアラジンの話をガランに語ったらしい。このようにしてアラジンはガラン版『アラビアンナイト』におさまった。このほかにもディヤーブは「空飛ぶ絨毯」など多くの話を知っており、そのうちの七つが収録されたようだ。アリババに至っては、ガランの創作ではないかとの説も有力である。フランスで出版されると、この物語集は一大ベストセラーとなる。そして、今日まで世界名作の一つとなって読み続けられているわけだが、日本では原典にない作品たちが最も知られ、愛されているといえるだろう。

【出典】 東京書籍(著:東京雑学研究会)
雑学大全2

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 14820022
    0
    しおり
  •      
  •      



▼お隣キーワード:アリ  アリストテレス  アラビア数字  アメリカ彦蔵  

   


  1. 雑学大全2>趣味>書籍    >    アラビアンナイト
  1. ◆「アラビアンナイト」の関連ワード

  2. アリ

  3. アリストテレス

  4. アラビア数字

  5. アメリカ彦蔵


A D

雑学大全2について
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾。
この言葉が収録されている辞典

 雑学大全2


  • 【辞書・辞典名】雑学大全2[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京雑学研究会
  • 【書籍版の価格】2,160
  • 【収録語数】1,000
  • 【発売日】2004年8月
  • 【ISBN】978-4487801305










この書籍の関連アプリ

 アプリ


雑学大全2

雑学大全2

  • 定価:480
  • 浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は...>>続く
App store


雑学大全2

雑学大全2

  • 定価:480
  • 浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は...>>続く
Google Play

関連辞典
雑学大全2 雑学大全2 雑学大全2 雑学大全2