見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・10月(神無月/October)
    ・14日
    ・日(Sunday)
    ・二十四節気
    ┣「寒露」から6日
    ┗「霜降」まで9日
    友引
    ・十支:(つちのと)
    ・十二支:(う)
    月齢:5
    月名(旧歴日):五日月(いつかつき)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 喪服【東京雑学研究会編】


§喪服はもともと白かった?



葬儀に参列するときは、とにかく黒で装うもの。男性ならブラックスーツ、女性なら黒の三つ紋などの和服か、やはり黒のスーツが正式である。
最近では、葬儀も簡略化されて、会社の帰りなどに駆けつける参列者も多くなった。そんなときは、ふだんのスーツネクタイを黒に替えるか、黒の喪章で弔意を示す。バッグや靴も、もちろん黒である。
このように、喪服なら黒というのが当たり前になっているが、実は喪服が黒になったのは、意外に新しい時代のことなのである。
古代の喪服は、麻や、藤の皮の繊維で織った布を、染めずにそのまま仕立てたものだった。これは、白っぽい生成りの色をしており、「素服」または「不知古路毛」と呼ばれていた。
江戸時代になっても、男性は麻の裃、女性は白無垢の着物が喪服とされていたので、白、または白っぽい色をしていた。
明治時代になり、洋装が普及し始めると、上流階級の男性は、あらたまった席では黒いフロックコートモーニングを着るようになり、女性も黒留袖を着るようになった。それでも、昭和一〇年代までは、白い喪服が一般的だったのである。
ところが、第二次世界大戦起こり、戦中・戦後の物不足の中で、絹の白無垢は手に入らなくなった。そこで、代用として黒を喪服として着る人が増えた。戦後になってもその習慣が続いたまま、現代に至っているのである。
それまでも、黒い服は礼装として認められていたので、礼を失することにはならないし、ネクタイや小物さえ変えれば、葬式にも結婚式にも参列できるので、便利だったのである。こうして、喪服といえば黒というのが、すっかり定着したのである。
ちなみに、かつては、近親者ならば喪に服している間は、ずっと喪服を着ているものだったが、近年では、葬儀やそれにかかわる儀式の日に着用されるだけとなっている。

【出典】 東京書籍(著:東京雑学研究会)
雑学大全

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 12670930
    0
    しおり
  •      
  •      




   


  1. 雑学大全>生活>服装    >    喪服

A D

雑学大全について
“働きバチは1日6時間しか働かない”,“下手な医者をなぜ「ヤブ」と呼ぶのか?”,“『浦島太郎』のカメはオスかメスか?”……のような知的好奇心そそる雑学の集大成。なんと全1000項目!!
この言葉が収録されている辞典

 雑学大全


  • 【辞書・辞典名】雑学大全[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京雑学研究会
  • 【書籍版の価格】2,160
  • 【収録語数】1,000
  • 【発売日】2004年8月
  • 【ISBN】978-4487799473










この書籍の関連アプリ

 アプリ


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
App store


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
Google Play

関連辞典
雑学大全 雑学大全 雑学大全 雑学大全