見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・11月(霜月/November)
    ・18日
    ・日(Sunday)
    ・二十四節気
    ┣「立冬」から11日
    ┗「小雪」まで4日
    友引
    ・十支:(きのえ)
    ・十二支:(とら)
    月齢:10
    月名(旧歴日):十日夜の月(とおかんやのつき)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 ムンク【東京雑学研究会編】


§ムンクの叫びは何を叫んでいるのか?



橋の上で、両手を顔に当てて叫んでいる人物。空は赤く、色彩も線もゆがみ、見る者にまで底知れぬ不安をもたらす。
誰もが知っている『叫び』は、ノルウェーの画家ムンクの作品である。性別も、年齢もわからないこの人物は、一体、何を叫んでいるのだろう。
それを知るには、ムンクの生涯が手がかりになる。一八六三年に生まれムンクは、幼い頃に母と姉を結核で失い、自身も一三歳で喀血し、いつも死の不安にとらわれていた。画家となってからも、彼が描くのは、自己の内面の孤独と、肉親の死の記憶だった。
一八九二年一月二二日の彼の日記には、次のようにつづられている。「私は見た。青黒いフィヨルドと町の上に、燃えるような雲が、血か剣のように覆いかぶさるのを」「私は恐怖に襲われて立ちすくんだ。そして、大きな叫びが、自然をつんざくのを感じた」
この日、彼は二人の友人と歩いていたが、陽が沈むと憂鬱でたまらなくなり、なぜか空が血のように赤くなったと感じ、橋の欄干にもたれずにはいられなかったという。
この状況は、『叫び』のモティーフとぴったり一致する。絵の人物はムンク自身で、叫んでいるのは、具体的な言葉ではなく、不安そのものであろう。あるいは、叫んでいるのは人物ではなく世界の方で、あの人物はそれを聞くまいと耳をふさいでいるのかもしれない。
ムンクの一連の作品は、社会からスキャンダラスに受け取られたし、彼自身も若い頃に、女性との別れ話のもつれから、自分の左手の中指を吹き飛ばすという事件を起こしている。ピストルの暴発だったというが、本当のところはわかっていない。ことに、『叫び』を描いた頃は、奇行が目立った。
一九〇八年から翌年にかけて、ムンク精神病院に入院する。退院後は、写実的な画風で労働者や農民の姿を描いたこともあったが、世間とは交わろうとせず、一九四四年に孤独の中で世を去った。

【出典】 東京書籍(著:東京雑学研究会)
雑学大全

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 12670923
    0
    しおり
  •      
  •      



▼お隣キーワード:メイク  メトロノーム  村八分②  村八分①  

   


  1. 雑学大全>趣味>芸術    >    ムンク
  1. ◆「ムンク」の関連ワード

  2. メイク

  3. メトロノーム

  4. 村八分②

  5. 村八分①


A D

雑学大全について
“働きバチは1日6時間しか働かない”,“下手な医者をなぜ「ヤブ」と呼ぶのか?”,“『浦島太郎』のカメはオスかメスか?”……のような知的好奇心そそる雑学の集大成。なんと全1000項目!!
この言葉が収録されている辞典

 雑学大全


  • 【辞書・辞典名】雑学大全[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京雑学研究会
  • 【書籍版の価格】2,160
  • 【収録語数】1,000
  • 【発売日】2004年8月
  • 【ISBN】978-4487799473










この書籍の関連アプリ

 アプリ


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
App store


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
Google Play

関連辞典
雑学大全 雑学大全 雑学大全 雑学大全