見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・11月(霜月/November)
    ・17日
    ・土(Saturday)
    ・二十四節気
    ┣「立冬」から10日
    ┗「小雪」まで5日
    先勝
    ・十支:(みずのと)
    ・十二支:(うし)
    月齢:9
    月名(旧歴日):上弦の月/弓張月
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 風呂敷①【東京雑学研究会編】


§風呂敷の名前の起源は?



どんな形のものでも包むことができ、使わないときは小さく畳んでしまっておけるのが、便利な風呂敷。しかし、どうして「風呂に敷く」なんて名前になったのだろう。
布で荷物を包み、運ぶことは古くから行われていた。平安時代には、「ころもつつみ」「平包み」などと呼ばれていた布が、風呂敷の働きをしていたと考えられている。
風呂敷」という名がうまれたのは、足利幕府の八代将軍、義政のときである。
義政が、諸大名を招いて茶の湯を催した際、新築の風呂に入れてもてなした。当時の風呂は蒸し風呂のようなもので、浴衣を着たまま入るのだが、大名たちが、浴衣のほかの脱いだ着物を間違えてはいけない。
そこで、義政は、わざわざ大名たちの家紋を染め抜いた袱紗をあつらえ、着物を包むのに使わせようとした。
ところが、一人の大名が、その袱紗を下に敷いて、くつろいでしまったのである。それが、茶の湯の作法だと、勘違いしてのことだった。しかも、それを見たほかの大名まで、右へならえでまねをした。以来、着物を包む布を「風呂敷」と呼ぶようになったのである。
江戸時代になると、銭湯があちこちにできて、庶民も入浴を楽しむようになった。それにつれて、脱いだ着物や濡れた浴衣を包む風呂敷も、普及したのである。
江戸時代も中期になると、浴衣をつけずに風呂に入る習慣が一般的になったし、銭湯には脱衣籠や脱衣棚ができた。そのため、「風呂で敷く」ために風呂敷を使う必要はなくなっていったのだが、物を包んで運ぶための風呂敷は、使われ続けたのである。

【出典】 東京書籍(著:東京雑学研究会)
雑学大全

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 12670849
    0
    しおり
  •      
  •      



▼お隣キーワード:風呂敷②  プロ野球  フロイト  ブルマー②  

   


  1. 雑学大全>生活>モノ    >    風呂敷①
  1. ◆「風呂敷①」の関連ワード

  2. 風呂敷②

  3. プロ野球

  4. フロイト

  5. ブルマー②


A D

雑学大全について
“働きバチは1日6時間しか働かない”,“下手な医者をなぜ「ヤブ」と呼ぶのか?”,“『浦島太郎』のカメはオスかメスか?”……のような知的好奇心そそる雑学の集大成。なんと全1000項目!!
この言葉が収録されている辞典

 雑学大全


  • 【辞書・辞典名】雑学大全[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京雑学研究会
  • 【書籍版の価格】2,160
  • 【収録語数】1,000
  • 【発売日】2004年8月
  • 【ISBN】978-4487799473










この書籍の関連アプリ

 アプリ


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
App store


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
Google Play

関連辞典
雑学大全 雑学大全 雑学大全 雑学大全