見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・11月(霜月/November)
    ・19日
    ・月(Monday)
    ・二十四節気
    ┣「立冬」から12日
    ┗「小雪」まで3日
    先負
    ・十支:(きのと)
    ・十二支:(う)
    月齢:11
    月名(旧歴日):十日余りの月(とおかあまりのつき)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 フグ【東京雑学研究会編】


§フグの毒の正体は何か?



フグといえば、冬の美食の代表である。値段の高さもあって、めったなことでは口にできないが、敷居が高く感じられるもう一つの理由は、フグにある毒だろう。
フグは猛毒を持っており、フグ料理専門の資格を持った調理師でなくては、客に提供できないと法律で定められているほどである。それでも、毎年フグ中毒が発生し、命を落とす人もいるのである。
この毒の正体は、青酸カリの約一〇〇〇倍もの毒性を持つといわれる、テトロドトキシンという物質である。テトロドトキシンは、有毒細菌によって生産され、食物連鎖によって蓄積されると考えられている。
テトロドトキシンが微量でも胃腸から吸収されると、筋肉の末梢神経が侵される。たとえ軽いしびれであっても、異常を感じたら、すぐに医師による救急処置を受けないと、やがて全身の運動神経が麻痺し、死に至る。
日本では、奈良時代からフグが食べられていたようだが、フグ毒に関する本格的な研究が始まったのは、明治時代からである。
フグ目フグ科の魚は、日本近海だけで約四〇種類が見られるが、種類によって猛毒を持つものから、全く毒のないものまでいる。また、臓器の種類によっても有無がある。卵巣や肝臓の毒性が強いことはよく知られているが、同じ種類のフグの生殖腺でも、オスの精巣には皆無という場合もある。さらに、卵巣や肝臓には猛毒があっても、それ以外の部分は無毒なフグや、筋肉(つまり身の部分)にまで、しっかり毒のあるフグもいる。
それだけではない。フグの個体によっても毒性に差があり、季節や、獲れた海域によっても、また違う。猛毒の上に、一定の法則を見出しにくいのが、フグの毒なのである。
テトロドトキシンを持っているのは、フグばかりではない。カリフォルニアイモリやツムギハゼ、ヒョウモンダコほか、プランクトンやカニ、ヒトデなど、数種の水生生物に、テトロドトキシンが発見されている。
これらの生物は、学術分類上でも、何の関連もなく、なぜテトロドトキシンが作られるのか判明していない。

【出典】 東京書籍(著:東京雑学研究会)
雑学大全

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 12670817
    0
    しおり
  •      
  •      



▼お隣キーワード:フグ刺し  福神漬け①  不吉な数字②  不吉な数字①  

   


  1. 雑学大全>生物の不思議>魚類    >    フグ

A D

雑学大全について
“働きバチは1日6時間しか働かない”,“下手な医者をなぜ「ヤブ」と呼ぶのか?”,“『浦島太郎』のカメはオスかメスか?”……のような知的好奇心そそる雑学の集大成。なんと全1000項目!!
この言葉が収録されている辞典

 雑学大全


  • 【辞書・辞典名】雑学大全[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京雑学研究会
  • 【書籍版の価格】2,160
  • 【収録語数】1,000
  • 【発売日】2004年8月
  • 【ISBN】978-4487799473










この書籍の関連アプリ

 アプリ


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
App store


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
Google Play

関連辞典
雑学大全 雑学大全 雑学大全 雑学大全