見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・11月(霜月/November)
    ・19日
    ・月(Monday)
    ・二十四節気
    ┣「立冬」から12日
    ┗「小雪」まで3日
    先負
    ・十支:(きのと)
    ・十二支:(う)
    月齢:11
    月名(旧歴日):十日余りの月(とおかあまりのつき)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 流れ星【東京雑学研究会編】


§彗星と流れ星はどう違うか?



彗星は明るく長い尾を持ち、その尾がほうきのように見えることから「ほうき星」とも呼ばれる。
彗星の構造は頭部と尾部に分かれ、尾の向きは常に太陽と逆方向に伸びている。頭部は特に輝く核とそれを取り巻く淡く広がったコマ(髪)と呼ばれる部分から成る。核の大きさは一~一〇キロメートルほどで、メタン二酸化炭素アンモニア、水などが凍ってできた氷の粒と直径数センチ以下の岩石のようなものからできている。
彗星は地球や火星などの惑星のように太陽の回りを公転しているが、一般的な惑星に比べて頭部の密度は非常に小さい。また公転軌道は惑星に比べて、極端な楕円形をしている。
彗星が太陽に近付くと、核付近の氷が溶け、蒸発してガスのコマとそれを引いた尾ができる。長い尾を引いている彗星の頭の直径は一〇〇キロメートルほどになっている。
有名なヘールボップ彗星やハレー彗星は、それぞれ発見者などの名前がつけられたものだ。
それに対して流れ星は、彗星が通過した後に残されたチリが地球の引力に引き寄せられて大気圏に突入し、空気との摩擦熱で燃え上がって光ったものだ。
「星」という名前はついていても、惑星や恒星とは異なるのだ。
流れ星になるチリは数ミリ程度の小さなものなので、一~二秒で燃え尽きてしまう。だが、ごくまれに、辺りの景色が見えるほど明るく発光する場合がある。こういったものは特に「火球」と呼ばれる。
ほとんどの流れ星は大気中で燃え尽きるが、大きなチリは燃え尽きることなく地上に落下し、隕石と呼ばれる。
流星群と呼ばれる、大量の流れ星が一晩で見られる現象があるが、これは彗星が残していったチリが宇宙空間に帯状に残っており、ここに地球が接触したためにおこる。ペルセウス座流星群、しし座流星群などが有名だ。

【出典】 東京書籍(著:東京雑学研究会)
雑学大全

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 12670708
    0
    しおり
  •      
  •      



▼お隣キーワード:夏目漱石  納豆  ナイキ  内閣総理大臣  

   


  1. 雑学大全>自然>宇宙    >    流れ星
  1. ◆「流れ星」の関連ワード

  2. 夏目漱石

  3. 納豆

  4. ナイキ

  5. 内閣総理大臣


A D

雑学大全について
“働きバチは1日6時間しか働かない”,“下手な医者をなぜ「ヤブ」と呼ぶのか?”,“『浦島太郎』のカメはオスかメスか?”……のような知的好奇心そそる雑学の集大成。なんと全1000項目!!
この言葉が収録されている辞典

 雑学大全


  • 【辞書・辞典名】雑学大全[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京雑学研究会
  • 【書籍版の価格】2,160
  • 【収録語数】1,000
  • 【発売日】2004年8月
  • 【ISBN】978-4487799473










この書籍の関連アプリ

 アプリ


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
App store


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
Google Play

関連辞典
雑学大全 雑学大全 雑学大全 雑学大全