見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・11月(霜月/November)
    ・12日
    ・月(Monday)
    ・二十四節気
    ┣「立冬」から5日
    ┗「小雪」まで10日
    友引
    ・十支:(つちのえ)
    ・十二支:(さる)
    月齢:4
    月名(旧歴日):四日月(よっかづき)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 蝶【東京雑学研究会編】


§「チョウ」と「ガ」はどう違うのか?



優雅に舞うチョウチョウに、「きれいだね」と目を細めている人でも、誰かが「違うよ、それはガだよ」などと言おうものなら、悲鳴を上げて身を遠ざけようとするのではないだろうか。
そもそも、「チョウ」と「ガ」は、どこが違うのだろうか?
これには、さまざまな説がある。昼間飛ぶのがチョウで、夜に現れるのがガ。胴体が細いのがチョウで、太いのがガ。ひらひら飛ぶのがチョウで、ばさばさ飛ぶのがガ。触覚の形がすっきりと単純なものがチョウで、羽毛状になっていたり複雑なものが「ガ」。羽を立てて止まるのが「チョウ」で、広げて止まるのが「ガ」、などが区別の基準だと言われている。はては、「触っても平気なのがチョウで、毒があってかぶれるのがガ」「きれいなのがチョウで、気持ち悪いのがガ」という人までいる。
しかし、実のところ、これらはすべて俗説で、「チョウ」と「ガ」には、生物学上の区別は何もないのである。
両者とも、昆虫の中の鱗翅目に属し、シロチョウ科やスズメガ科といった分類はあるものの、これは単なる仲間分けにすぎない。例えば、「イカリモンガ」というガは、昼間に活動し、羽を立てて止まる。俗説に従えば、これは、チョウということになる。
日本語には、「チョウ」「ガ」という二つの言葉があるが、フランス語ではどちらも「papillon」、中国語でもどちらも「胡蝶」という、美しい名前で呼ばれている。だから、「チョウ」「ガ」というのは、あくまでも単なる呼び名にすぎないのである。
ちなみに、日本以外にも区別のある国はあり、英語では、チョウが「butterfly」ガが「moth」、韓国語ではチョウが「nabi」、ガが「naban」と呼ばれている。
チョウと呼ばれるのは、鱗翅目の中の、ほんの一割程度にすぎない。ガだからといって、気味が悪いと決めつけるのは何の根拠もないことで、ガにとっては気の毒な、勝手な人間の思い込みなのである。

【出典】 東京書籍(著:東京雑学研究会)
雑学大全

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 12670620
    0
    しおり
  •      
  •      




   


  1. 雑学大全>生物の不思議>昆虫    >    

A D

雑学大全について
“働きバチは1日6時間しか働かない”,“下手な医者をなぜ「ヤブ」と呼ぶのか?”,“『浦島太郎』のカメはオスかメスか?”……のような知的好奇心そそる雑学の集大成。なんと全1000項目!!
この言葉が収録されている辞典

 雑学大全


  • 【辞書・辞典名】雑学大全[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京雑学研究会
  • 【書籍版の価格】2,160
  • 【収録語数】1,000
  • 【発売日】2004年8月
  • 【ISBN】978-4487799473










この書籍の関連アプリ

 アプリ


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
App store


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
Google Play

関連辞典
雑学大全 雑学大全 雑学大全 雑学大全