見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・11月(霜月/November)
    ・16日
    ・金(Friday)
    ・二十四節気
    ┣「立冬」から9日
    ┗「小雪」まで6日
    赤口
    ・十支:(みずのえ)
    ・十二支:(ね)
    月齢:8
    月名(旧歴日):上弦の月/弓張月
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 男性の浮気【東京雑学研究会編】


§男性はなぜ浮気をしてしまうのか?



浮気。男と女が存在するこの世界で、古今東西、この話題は絶えたことがない。もちろん女性の浮気もあるのだが、ここでは男に限って、なぜ浮気をしてしまうのかを考えてみよう。
生物学的に見ると、オスは常に新しいメスを求めているという。種付けのために同じ厩舎に入れられていたオス馬とメス馬の例である。ともにいる時間がある程度経つとオス馬はメス馬に興味を示さなくなるらしい。そこで新しいメス馬に替えると、また新たに性的興奮が始まるという。
人間の場合はそうはいかない。社会のモラルや、相手との信頼関係によって、そのような欲求は抑えられている。タブーなのだ。
ところが、人間のオス(男性)の中には、このタブーに挑んでみたくなる「勇敢(?)な」男性が時々現れる。社会の抑圧を跳ね返し、チャレンジすることは、自分の力の誇示、有能さの証と錯覚するのだ。この種の優越感に酔った状態、それが浮気といえる。
しかし、優越感劣等感の裏返しというではないか。実際、自分の能力や経済力にコンプレックスを抱いている男性が、浮気に走る場合がある。また、自分に自信のない男性が、やたら自分の浮気を自慢するケースが見受けられる。
男性が優越感に酔うばかりでなく、新しい相手に本気になった場合、はたして結末はどうなるのか。先に付き合っていた彼女、あるいは、古女房が断然不利らしい。セックスマンネリ化している上に、つきささるように返って来る言葉、その上、一緒に過ごした時間が長いだけに相手の欠点も多く目にしているというのが、大きな理由らしい。
しかし、二人が過ごした楽しく充実した時間と二人で築き上げた歴史を思い出してもらえると、彼あるいは旦那は、帰ってくるかも……。まだ彼を愛しているなら、忍耐と優しさが必要かもしれない。

【出典】 東京書籍(著:東京雑学研究会)
雑学大全

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 12670599
    0
    しおり
  •      
  •      



▼お隣キーワード:男性の視線  チェルノブイリ  男性  淡水魚  

   


  1. 雑学大全>ヒトの不思議>男と女    >    男性の浮気
  1. ◆「男性の浮気」の関連ワード

  2. 男性の視線

  3. チェルノブイリ

  4. 男性

  5. 淡水魚


A D

雑学大全について
“働きバチは1日6時間しか働かない”,“下手な医者をなぜ「ヤブ」と呼ぶのか?”,“『浦島太郎』のカメはオスかメスか?”……のような知的好奇心そそる雑学の集大成。なんと全1000項目!!
この言葉が収録されている辞典

 雑学大全


  • 【辞書・辞典名】雑学大全[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京雑学研究会
  • 【書籍版の価格】2,160
  • 【収録語数】1,000
  • 【発売日】2004年8月
  • 【ISBN】978-4487799473










この書籍の関連アプリ

 アプリ


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
App store


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
Google Play

関連辞典
雑学大全 雑学大全 雑学大全 雑学大全