見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・10月(神無月/October)
    ・15日
    ・月(Monday)
    ・二十四節気
    ┣「寒露」から7日
    ┗「霜降」まで8日
    先負
    ・十支:(かのえ)
    ・十二支:(たつ)
    月齢:6
    月名(旧歴日):六日月(むいかづき)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 ジーンズ【東京雑学研究会編】


§ジーンズはGパンでなくJパンが正しい?



ジーンズは、日本ではジーパンという通称名で呼ばれることが多い。もともとはjeans+pantsの略であり、Gパンとも書く。英語のつづりはjeansなのだから、Gパンと書くより、Jパンと書いた方が正しいのでは? と思われる方もいるだろう。
ジーンズの創造者は、一八五〇年、アメリカのカリフォルニアへ金を探しにやって来た、Levi - Straussなる人物だったといわれている。藍色のデニムという丈夫な木綿の布地で作られ、その着心地のよさや動きやすさは、西部開拓時代に始まり、作業着や遊び着として、老人から子どもまで年齢、男女を問わず愛用されてきた。
アメリカで生まれ、アメリカ人の開拓精神の象徴でもあったジーンズだが、そのルーツは、意外にも北イタリアの「Genoa」という地方だったらしい。この地名をフランス語で書くと「Genes」、これが英語では「Jane→Jean」となっていった。つまり元をただせば、JパンではなくGパンだったというわけだ。
ジーンズは、一九七〇年代に入ると若者たちのオシャレ着として急速に広まっていく。その人気の秘密は、女性の場合、アメリカのウーマン・リブ運動にもあったようだ。当時、男女平等を叫んだ女性たちの間で、ジーンズTシャツといったラフなファッションが大流行。化粧もほとんどしないスタイルが、彼女たちの主張の表れだったのだ。

【出典】 東京書籍(著:東京雑学研究会)
雑学大全

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 12670488
    0
    しおり
  •      
  •      



▼お隣キーワード:診察  心中  人工衛星  信号②  

   


  1. 雑学大全>生活>服装    >    ジーンズ
  1. ◆「ジーンズ」の関連ワード

  2. 診察

  3. 心中

  4. 人工衛星

  5. 信号②


A D

雑学大全について
“働きバチは1日6時間しか働かない”,“下手な医者をなぜ「ヤブ」と呼ぶのか?”,“『浦島太郎』のカメはオスかメスか?”……のような知的好奇心そそる雑学の集大成。なんと全1000項目!!
この言葉が収録されている辞典

 雑学大全


  • 【辞書・辞典名】雑学大全[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京雑学研究会
  • 【書籍版の価格】2,160
  • 【収録語数】1,000
  • 【発売日】2004年8月
  • 【ISBN】978-4487799473










この書籍の関連アプリ

 アプリ


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
App store


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
Google Play

関連辞典
雑学大全 雑学大全 雑学大全 雑学大全