見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・10月(神無月/October)
    ・18日
    ・木(Thursday)
    ・二十四節気
    ┣「寒露」から10日
    ┗「霜降」まで5日
    赤口
    ・十支:(みずのと)
    ・十二支:(ひつじ)
    月齢:9
    月名(旧歴日):上弦の月/弓張月
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 丈夫【東京雑学研究会編】


§「丈夫」と「大丈夫」で意味が全く違うのはなぜ?



「丈夫」というと身体が健康で活発なことや、物などが壊れにくいことを意味する。けれども、この「丈夫」に「大」がついて「大丈夫」になると、しっかりしていて堅固なことや、心配のないことの意味になる。
「大」がつくとつかないとで意味が違ってしまうのはなぜなのだろう?
もともと「丈夫」という言葉が使われ始めたのは、古代中国の周の時代。当時、成人男子の身長は一丈(周尺で約一八〇センチメートル)あった。このことから、一人前の成人男子のことを「丈夫」といった。
その丈夫に、「すぐれたもの」の意味の「大」をつけ、心身ともに立派な男性を誉めて「大丈夫」といった。つまり、そもそもは極めて丈夫な男性、非常にしっかりして堅固な様子の男性のことをさしていた。
それが変化して日本では「大丈夫」は危なげがなく、心配の必要のないことをいうようになっていったのだ。
明治時代の辞書では「大丈夫」に対して「だいじょうふ」と「だいじょうぶ」の二つの読み方が示されていた。
「だいじょうふ」の方は本来の意味、心身ともに健康で立派な男性のことや堅固な様子のことをいい、「だいじょうぶ」の方は副詞や形容動詞として「大丈夫、忘れはしない」「彼にまかせておけば大丈夫だ」といったように「間違いなく」「確かに」「心配の必要がない」といった意味に使われていた。
明治以降、「だいじょうふ」は徐々に使われなくなっていき、「だいじょうぶ」の方が「危なげのない様子」「間違いのないこと」の意味で残されてきたのだ。

【出典】 東京書籍(著:東京雑学研究会)
雑学大全

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 12670467
    0
    しおり
  •      
  •      



▼お隣キーワード:小便小僧  食虫植物  勝訴  条件反射  

   


  1. ◆「丈夫」の関連ワード

  2. 小便小僧

  3. 食虫植物

  4. 勝訴

  5. 条件反射


A D

雑学大全について
“働きバチは1日6時間しか働かない”,“下手な医者をなぜ「ヤブ」と呼ぶのか?”,“『浦島太郎』のカメはオスかメスか?”……のような知的好奇心そそる雑学の集大成。なんと全1000項目!!
この言葉が収録されている辞典

 雑学大全


  • 【辞書・辞典名】雑学大全[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京雑学研究会
  • 【書籍版の価格】2,160
  • 【収録語数】1,000
  • 【発売日】2004年8月
  • 【ISBN】978-4487799473










この書籍の関連アプリ

 アプリ


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
App store


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
Google Play

関連辞典
雑学大全 雑学大全 雑学大全 雑学大全