見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・11月(霜月/November)
    ・14日
    ・水(Wednesday)
    ・二十四節気
    ┣「立冬」から7日
    ┗「小雪」まで8日
    仏滅
    ・十支:(かのえ)
    ・十二支:(いぬ)
    月齢:6
    月名(旧歴日):六日月(むいかづき)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 自由の女神像①【東京雑学研究会編】


§自由の女神像はニューヨークにはない?



アメリカ合衆国ニューヨーク港内にあるリバティ島の女神像は、右手にたいまつを高々とかかげ、左手に一七七六年七月四日と記された独立宣言書を抱えて立っている。「自由の女神」(the Statue of Liberty)としておなじみのこの像は、アメリカ独立百年祭を祝って、フランスから寄贈されたものだ。正式名称は「世界を照らす自由」(Liberty Enlightening the World)。フランスから寄贈された当時は、そう呼ばれていた。アメリカ民主主義を象徴する像として、国内外から多くの人々をひきつけている。
像の高さは、四六メートル、台座を入れると九三メートルあり、女神像の頭の部分にある展望台からは、ニューヨーク湾とマンハッタンパノラマが一望できる。ニューヨーク訪れる人なら、一度は眺めてみたいと思う景色であろう。
この像は、最初、一八七八年のパリ万博で公開された。その後、この二五〇トンの像を、二一四個のパーツにわけて大西洋を船で運び、一八八六年、ついにリバティ島に到着した。台座はアメリカ側の募金をもとに、リチャード・モリス・ハントが設計した。まさに、米仏合作の自由の女神像となったのである。
ところで、この自由の女神像、確かにニューヨーク港内のリバティ島にあるが、実は、この島はニューヨーク市でもニューヨーク州でもなく、ニューヨーク湾を挟んで対岸のニュージャージー州に属する島なのである。というわけで、ニューヨークと切っても切り離せない自由の女神は、ニュージャージー州「在住」の女神だったのである。

【出典】 東京書籍(著:東京雑学研究会)
雑学大全

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 12670458
    0
    しおり
  •      
  •      




   


  1. 雑学大全>地理>場所    >    自由の女神像①

A D

雑学大全について
“働きバチは1日6時間しか働かない”,“下手な医者をなぜ「ヤブ」と呼ぶのか?”,“『浦島太郎』のカメはオスかメスか?”……のような知的好奇心そそる雑学の集大成。なんと全1000項目!!
この言葉が収録されている辞典

 雑学大全


  • 【辞書・辞典名】雑学大全[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京雑学研究会
  • 【書籍版の価格】2,160
  • 【収録語数】1,000
  • 【発売日】2004年8月
  • 【ISBN】978-4487799473










この書籍の関連アプリ

 アプリ


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
App store


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
Google Play

関連辞典
雑学大全 雑学大全 雑学大全 雑学大全