見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・11月(霜月/November)
    ・14日
    ・水(Wednesday)
    ・二十四節気
    ┣「立冬」から7日
    ┗「小雪」まで8日
    仏滅
    ・十支:(かのえ)
    ・十二支:(いぬ)
    月齢:6
    月名(旧歴日):六日月(むいかづき)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 手術着【東京雑学研究会編】


§手術着はなぜ青緑色をしているのか?



病院の手術着は青緑色をしている。これは一体どういう理由からなのだろうか。
これには補色残像現象という生態反応が関係している。一つの色をじっと見て、目をほかに移すと、見ていたものとは反対の色が残像として現れる。
これは、私たちの目が自動的に自分を守るために行う現象なのだ。一つの色を見つづけると、目はその刺激で疲れてしまう。そのために、今見つめている色とは反対の色を網膜上に出して、今までの刺激をやわらげようとするのだ。
それからいえば、手術室にあふれる色といえば、血液の赤である。体を切ったり、メスを入れたりするときに、医師は血を見ずにはいられない。しかも、大きな手術になればなるほど、医師が見るのは赤ばかりとなってしまう。赤一色の刺激で目が疲れてしまうのである。そこで、赤の補色である青緑が使われるようになったのだ。
当初は、病院の中は清潔なイメージの白が使われることが多かった。手術着も壁も白かったのである。しかし、視界に入るものが白だと、目のメカニズムで補色の緑があらわれ、よけい目がチカチカしてしまう。そこで、目に入るものを補色残像と同じ色にして、目がちらついて疲れることを防げるのである。
手術着だけでなく、手術室では患者にかぶせる布から、手術室の壁まで青緑色になっている。これで、医師は目がちらつくことなく、手術に集中することができるし、目が疲れることも防ぐことができるのだ。
また、赤の血の色は人の気持ちを高揚し、かき立てる色である。補色の緑は自然の色でもあり、人の心を癒す。そういった色の効果もあって、青緑色が使われているのである。

【出典】 東京書籍(著:東京雑学研究会)
雑学大全

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 12670454
    0
    しおり
  •      
  •      



▼お隣キーワード:首相  首脳会談  ジュゴン  数珠  

   


  1. 雑学大全>>    >    手術着
  1. ◆「手術着」の関連ワード

  2. 首相

  3. 首脳会談

  4. ジュゴン

  5. 数珠


A D

雑学大全について
“働きバチは1日6時間しか働かない”,“下手な医者をなぜ「ヤブ」と呼ぶのか?”,“『浦島太郎』のカメはオスかメスか?”……のような知的好奇心そそる雑学の集大成。なんと全1000項目!!
この言葉が収録されている辞典

 雑学大全


  • 【辞書・辞典名】雑学大全[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京雑学研究会
  • 【書籍版の価格】2,160
  • 【収録語数】1,000
  • 【発売日】2004年8月
  • 【ISBN】978-4487799473










この書籍の関連アプリ

 アプリ


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
App store


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
Google Play

関連辞典
雑学大全 雑学大全 雑学大全 雑学大全