見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・10月(神無月/October)
    ・14日
    ・日(Sunday)
    ・二十四節気
    ┣「寒露」から6日
    ┗「霜降」まで9日
    友引
    ・十支:(つちのと)
    ・十二支:(う)
    月齢:5
    月名(旧歴日):五日月(いつかつき)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 サナダムシ【東京雑学研究会編】


§サナダムシは、なぜ消化されないのか?



サナダムシは、人間の体に寄生して、栄養を奪ったり、多くの病気の原因になったりする。
一口にサナダムシと言っても、回虫や條虫など、さまざまな寄生虫の総称であり、太い木綿糸で平たく編んだ「真田紐」に形が似ていることから、こう呼ばれている。長いものになると、人間のお腹の中で数メートルにまで成長する。
ところで、人間のお腹に長い間棲みついているのに、どうしてサナダムシは消化されないのだろうか?
人間の胃は、食べたものを消化する働きをしているのだし、肉や魚の骨だって、小さいものなら消化できるのだから、あんなふにゃふにゃしたサナダムシなど、すぐに溶かしてしまいそうなものだ。
だが、サナダムシとて、みすみす消化されるために人間に寄生するはずがない。ちゃんと、人間の体内で生き延びるためのシステムが整っているのだ。
サナダムシは、卵のときに、食べ物を介して人間の口から入り込み、胃を通過して腸で孵化し、成長する。体内のあちこちに移行して回ることはあるが、基本的には腸が棲みかである。この、棲みつくところが胃ではなく、腸であることがポイントなのだ。
人間の消化器官は、唾液や胃液をはじめ、さまざまな消化液を出して食べ物を消化しているが、腸の消化力は、胃ほど強力ではない。せいぜいが、胃で分解した栄養分をさらに消化・分解する程度であり、生きているサナダムシを消化するほどの力はないのだ。このため、サナダムシも消化されずに、寄生し続けることができるのである。
また、サナダムシは、卵のときに胃を通過するが、卵の表面は、酸に強い特殊なタンパク質で覆われている。そのため、塩酸を主成分とする強烈な胃酸でも溶けることなく、そのまま胃を通過して腸に達することができるのである。

【出典】 東京書籍(著:東京雑学研究会)
雑学大全

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 12670389
    0
    しおり
  •      
  •      



▼お隣キーワード:裁きの豆  砂漠  サド侯爵  サッチャー  

   


  1. 雑学大全>生物の不思議>昆虫    >    サナダムシ
  1. ◆「サナダムシ」の関連ワード

  2. 裁きの豆

  3. 砂漠

  4. サド侯爵

  5. サッチャー


A D

雑学大全について
“働きバチは1日6時間しか働かない”,“下手な医者をなぜ「ヤブ」と呼ぶのか?”,“『浦島太郎』のカメはオスかメスか?”……のような知的好奇心そそる雑学の集大成。なんと全1000項目!!
この言葉が収録されている辞典

 雑学大全


  • 【辞書・辞典名】雑学大全[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京雑学研究会
  • 【書籍版の価格】2,160
  • 【収録語数】1,000
  • 【発売日】2004年8月
  • 【ISBN】978-4487799473










この書籍の関連アプリ

 アプリ


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
App store


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
Google Play

関連辞典
雑学大全 雑学大全 雑学大全 雑学大全