見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・11月(霜月/November)
    ・19日
    ・月(Monday)
    ・二十四節気
    ┣「立冬」から12日
    ┗「小雪」まで3日
    先負
    ・十支:(きのと)
    ・十二支:(う)
    月齢:11
    月名(旧歴日):十日余りの月(とおかあまりのつき)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 サービス【東京雑学研究会編】


§相手を攻撃するのになぜ「サービス」なのか?



スポーツには、テニスバドミントンバレーボール、卓球のように、相手との間でボールシャトルを打ち合って得点を競うゲームがある。得点を競いつつ、打ちつ打たれつを続けて、長くラリー楽しむことができるゲームだ。
これらの競技においては、攻撃側が最初に打つ球を「サービス」または「サーブ」という。英語の「サービス」には、「奉仕する」「世話をする」あるいは「勲功」や「公共的な事業」の意味がある。また、「サーブ」は「人に仕える」「勤める」「誰かのために働く」という意味。それなのに相手を攻撃する第一球をなぜ「サービス」や「サーブ」というのだろう。
それを知るには、スポーツの歴史を少し振り返って、近代スポーツが誕生する以前に楽しまれていた球技やラリーゲームの意味と性格を知る必要がある。
例えばテニス。このゲームの前身は、フランス革命以前に「ジュ・ドゥ・ポーム」と呼ばれ、王侯貴族たちに楽しまれた球技であった。この球技で最初のボールコート投げ入れたのは、彼らの従者すなわち、サーバントだった。主人が打ちやすいボール投げ入れる「サービス」を行ったのである。今もラリーゲームの最初の打球を「サービス」と呼ぶのはこのためである。
これからも解るように、ラリーゲームには元来攻撃的な性格はなく、むしろ相手が打ちやすい球を送って、長くラリー楽しむことが目的であった。相手が打ち返しにくい球を送るのは、マナー違反であり、自分のバッドマークであった。もし、相手からの球を打ち返せなかった場合、それは自分のミスであって、しかも、相手の得点になるという考えもなかった。日本の「蹴鞠」と本質的に似ている。
テニスが攻撃型に転じたのは、近代スポーツとして生まれ変わってからのことである。そのルールは、競技性が重視され、合理化され、遊びの要素を失ってしまった。そして、「サーブ」や「サービス」も、単なる用語となったのである。

【出典】 東京書籍(著:東京雑学研究会)
雑学大全

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 12670371
    0
    しおり
  •      
  •      



▼お隣キーワード:再婚禁止期間  再生紙  サーキット  最後の晩餐  

   


  1. 雑学大全>趣味>スポーツ    >    サービス
  1. ◆「サービス」の関連ワード

  2. 再婚禁止期間

  3. 再生紙

  4. サーキット

  5. 最後の晩餐


A D

雑学大全について
“働きバチは1日6時間しか働かない”,“下手な医者をなぜ「ヤブ」と呼ぶのか?”,“『浦島太郎』のカメはオスかメスか?”……のような知的好奇心そそる雑学の集大成。なんと全1000項目!!
この言葉が収録されている辞典

 雑学大全


  • 【辞書・辞典名】雑学大全[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京雑学研究会
  • 【書籍版の価格】2,160
  • 【収録語数】1,000
  • 【発売日】2004年8月
  • 【ISBN】978-4487799473










この書籍の関連アプリ

 アプリ


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
App store


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
Google Play

関連辞典
雑学大全 雑学大全 雑学大全 雑学大全