見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・11月(霜月/November)
    ・17日
    ・土(Saturday)
    ・二十四節気
    ┣「立冬」から10日
    ┗「小雪」まで5日
    先勝
    ・十支:(みずのと)
    ・十二支:(うし)
    月齢:9
    月名(旧歴日):上弦の月/弓張月
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 恐竜の交尾①【東京雑学研究会編】


§背中がギザギザしてるステゴサウルスはどうやって交尾してた?



ステゴサウルスは中生代ジュラ紀の北アメリカに生息した恐竜。背中に生えた、大きなギザギザの三角板と呼ばれるヒレと、しっぽの鋭い棘が特徴だ。
三角板は敵の攻撃から身を守ったり、温度調節のための放熱板の役割をしたなどといわれるが、このステゴサウルスの三角板は後背位で交尾するとき、邪魔ではなかったのだろうか?
ステゴサウルスは後背位でするときは三角板を寝かせていたとか、ワニのように腹と腹を合わせて交尾していたとか、いろいろな説がある。
ステゴサウルスのような三角板がないにしても、たいがいの恐竜には太い尻尾がある。この大きな尻尾も交尾のとき、かなり邪魔だったに違いない。
カモノハシ竜の仲間のメスの化石からは、尾椎の棘突起と呼ばれる出っぱった骨が途中で折れているのが数多く見つかっているし、ティラノサウルスのメスの化石でも尾骨に骨折の跡が発見された。これは、交尾するとき、背後からのしかかるオスの体重で折れてしまったもののようだ。
こんな危険を避けるため、交尾するときメスは尻尾を横に曲げ、オスは斜め後ろから挿入を行うのが一般的だったのではないかといわれている。
また、超大型の竜脚類などは、横たわって、腹と腹を合わせる体位で、ヘビのように首と尾を絡ませて交尾していたと考えられている。
いずれにしても、巨大な体重を持つ恐竜が地上で交尾をするのは大変なこと。今では「恐竜の交尾は水中で行われた」という説もでてきている。つまり、オスは水中の浮力を利用して素早くメスの背後から接近し、後背位で交尾していたというのだ。

【出典】 東京書籍(著:東京雑学研究会)
雑学大全

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 12670258
    0
    しおり
  •      
  •      



▼お隣キーワード:恐竜の交尾②  吉良上野介  恐竜④  恐竜③  

   


  1. 雑学大全>生物の不思議>動物    >    恐竜の交尾①
  1. ◆「恐竜の交尾①」の関連ワード

  2. 恐竜の交尾②

  3. 吉良上野介

  4. 恐竜④

  5. 恐竜③


A D

雑学大全について
“働きバチは1日6時間しか働かない”,“下手な医者をなぜ「ヤブ」と呼ぶのか?”,“『浦島太郎』のカメはオスかメスか?”……のような知的好奇心そそる雑学の集大成。なんと全1000項目!!
この言葉が収録されている辞典

 雑学大全


  • 【辞書・辞典名】雑学大全[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京雑学研究会
  • 【書籍版の価格】2,160
  • 【収録語数】1,000
  • 【発売日】2004年8月
  • 【ISBN】978-4487799473










この書籍の関連アプリ

 アプリ


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
App store


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
Google Play

関連辞典
雑学大全 雑学大全 雑学大全 雑学大全