見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・11月(霜月/November)
    ・12日
    ・月(Monday)
    ・二十四節気
    ┣「立冬」から5日
    ┗「小雪」まで10日
    友引
    ・十支:(つちのえ)
    ・十二支:(さる)
    月齢:4
    月名(旧歴日):四日月(よっかづき)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 カバ【東京雑学研究会編】


§カバがかく汗はピンク色!?



小さい頃に見た絵本などで、カバがピンクに塗られている絵を見たことはないだろうか。実際のカバはピンクとはほど遠い色なのに、なぜ絵本のカバはピンクに塗られていたのか?
その答えは、どうやらカバの汗の色にありそうだ。
人間は汗をかく。汗をかくのは人間だけと思っている人もいるだろうが、動物だって汗をかく。哺乳類にはたいてい汗腺があるから、汗をかくのは当然のことなのだ。
ただ、汗の色は動物によって違う。人間は無色透明だが、動物によっては色のついた汗をかくものもあって、その筆頭ともいうべき存在がカバだ。
その色たるや、なんとピンク。その量も尋常ではなく、カバの体がみるみるうちに赤く染まるほどである。どうやらカバがピンクで描かれることが多いのは、この汗の色が原因のようだ。
カバの汗は、ただ派手なだけではなくて、カバにとって重要な役割も果たしている。アフリカに生息しているカバは、日中は川の中にいて、朝と夕方だけ、草を食べるために岸へ上がってくる。汗はその瞬間に出る。これは水の中に棲む動物の特徴で、岸に上がったときに汗を出すことによって、肌が乾燥してボロボロにならないようにしているのである。汗に含まれているピンクの色素には、紫外線カットする働きがあるので、皮膚は太陽の光から守られる上、汗は細菌の感染を防ぐ働きもしているのだ。カバの皮膚はとても丈夫そうに見えるが、実はいちばん外側の角質層はかなり薄く、汗で表面を覆わなければ生命にかかわるほどなのである。
皮膚から分泌された瞬間は人間と同じ無色透明だが、みるみるうちにピンクに変色するカバの汗。これは汗の中の特有の色素成分が空気に触れて酸化し、赤く変色するためである。その瞬間の色の変化は、実に見事だそうだ。ぜひ一度、その瞬間を見てみたいものである。

【出典】 東京書籍(著:東京雑学研究会)
雑学大全

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 12670183
    0
    しおり
  •      
  •      



▼お隣キーワード:戒名  街路樹  回転率  回転寿司②  

   


  1. 雑学大全>生物の不思議>動物    >    カバ
  1. ◆「カバ」の関連ワード

  2. 戒名

  3. 街路樹

  4. 回転率

  5. 回転寿司②


A D

雑学大全について
“働きバチは1日6時間しか働かない”,“下手な医者をなぜ「ヤブ」と呼ぶのか?”,“『浦島太郎』のカメはオスかメスか?”……のような知的好奇心そそる雑学の集大成。なんと全1000項目!!
この言葉が収録されている辞典

 雑学大全


  • 【辞書・辞典名】雑学大全[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京雑学研究会
  • 【書籍版の価格】2,160
  • 【収録語数】1,000
  • 【発売日】2004年8月
  • 【ISBN】978-4487799473










この書籍の関連アプリ

 アプリ


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
App store


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
Google Play

関連辞典
雑学大全 雑学大全 雑学大全 雑学大全