見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・10月(神無月/October)
    ・17日
    ・水(Wednesday)
    ・二十四節気
    ┣「寒露」から9日
    ┗「霜降」まで6日
    大安
    ・十支:(みずのえ)
    ・十二支:(うま)
    月齢:8
    月名(旧歴日):上弦の月/弓張月
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 ハツカネズミ【東京雑学研究会編】


§ハツカネズミは、オスの匂いで流産する?



ハツカネズミのメスは、その名のとおりわずか一九~二〇日間の妊娠で出産する。しかも、一年に一〇回近くも出産し、そのたびに五~六匹の子どもを産むという、旺盛な繁殖力を持っている。
だが、意外な理由で、あっけなく流産することもある。これは、発見者の名前をとって「ブルース効果」と呼ばれている。
まず、ハツカネズミを交配させると、大体のメスは妊娠し、その時点で発情は消える
つまり、交配する状態ではなくなるのである。ところが、交配した相手のオスではなく、別の新しいオスと一緒の檻に入れると、メスは流産し、また周期的な発情を見せるのである。
これを人間にたとえていうと、妊娠した後で、夫以外の男性のそばにいるだけで、自然に流産してしまい、その男性を受け入れる準備ができるということである。
次の実験では、新しいオスとの間を金網で仕切ってみたのだが、やはりメスは流産した。つまり、新しいオスと接触があるかどうかは、関係がないことがわかった。また、流産するのは、妊娠初期の六日目までで、それを過ぎると流産はしなくなる。
ところが、嗅覚を失ったメスは、新しいオスのそばにいても、流産しないのである。どうやら、オスの匂いがメスに働きかけて流産させているようだ。
そこで、妊娠したメスに、交配する前に匂いを嗅いだことのあるオスの匂いをまた嗅がせても、流産する率は少なかった。つまり、なじみのオスだと、あまり異性を感じないのである。
また、交配中に匂いを嗅いだことのあるオスの匂いだと、流産はしなかった。これは、交配の相手、つまりお腹の子の父親だと勘違いしたためだと思われる。
ハツカネズミのメスは、妊娠中であっても、新顔のオスの匂いをかぐと、それまでのことをころりと忘れて、また交配する気になってしまうのだ。

【出典】 東京書籍(著:東京雑学研究会)
雑学大全

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 12670169
    0
    しおり
  •      
  •      



▼お隣キーワード:発掘  発情期  バッカス  ハチミツ  

   


  1. 雑学大全>生物の不思議>動物    >    ハツカネズミ
  1. ◆「ハツカネズミ」の関連ワード

  2. 発掘

  3. 発情期

  4. バッカス

  5. ハチミツ


A D

雑学大全について
“働きバチは1日6時間しか働かない”,“下手な医者をなぜ「ヤブ」と呼ぶのか?”,“『浦島太郎』のカメはオスかメスか?”……のような知的好奇心そそる雑学の集大成。なんと全1000項目!!
この言葉が収録されている辞典

 雑学大全


  • 【辞書・辞典名】雑学大全[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京雑学研究会
  • 【書籍版の価格】2,160
  • 【収録語数】1,000
  • 【発売日】2004年8月
  • 【ISBN】978-4487799473










この書籍の関連アプリ

 アプリ


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
App store


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
Google Play

関連辞典
雑学大全 雑学大全 雑学大全 雑学大全