見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・11月(霜月/November)
    ・12日
    ・月(Monday)
    ・二十四節気
    ┣「立冬」から5日
    ┗「小雪」まで10日
    友引
    ・十支:(つちのえ)
    ・十二支:(さる)
    月齢:4
    月名(旧歴日):四日月(よっかづき)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 踊り字【東京雑学研究会編】


§「々」は一体何と読むのか?



日本語には、「ひとびと」「ときどき」「たびたび」「ますます」「かずかず」などのように、同じ語や語根を重ねて表現する複合語がいくつかある。それらは畳語とも呼ばれ、漢字では「人人」「時時」「度度」「益益」「数数」と書かれる。それらはまた、「人々」「時々」「度々」とも書かれるが、「々」は、なんと読めばいいのだろう。
「々」は一般的には、踊り字、重ね字、畳み字といわれて、いつも上の漢字と同じ漢字であることを示し、同じ読み方をする符号(記号)である。従って、「々」自体に固有の読みはない。
「々」によく似たものに「ゝ」「ヽ」「〃」があるが、これらはすべて、繰返し符号(記号)と呼ばれている。「々」については、「同の字点」という具体的な名称とその説明を載せている辞書もある。
ちなみに、「ゝ」の名称は「一つ点」で、同じ平がなを繰り返すときに用い、「〃」は「ノの字点」で同じ単語の代用を示すのに使われる。
スーパーマーケットと書くときの長音符号「ー」は、「音引き」という名称を持ち、いつも上の仮名が表す音「ス」「パ」「マ」の母音を一拍分伸ばすことを示している。踊り字と同様、固有の読みはない。
なお、「々」をパソコンワープロで表示する場合、JIS番号で入力する。また、仮名漢字変換で「どう」「おなじ」と打ち、変換しても表示される。

【出典】 東京書籍(著:東京雑学研究会)
雑学大全

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 12670134
    0
    しおり
  •      
  •      



▼お隣キーワード:オナラ  オナニー  お年玉  御茶ノ水  

   


  1. ◆「踊り字」の関連ワード

  2. オナラ

  3. オナニー

  4. お年玉

  5. 御茶ノ水


A D

雑学大全について
“働きバチは1日6時間しか働かない”,“下手な医者をなぜ「ヤブ」と呼ぶのか?”,“『浦島太郎』のカメはオスかメスか?”……のような知的好奇心そそる雑学の集大成。なんと全1000項目!!
この言葉が収録されている辞典

 雑学大全


  • 【辞書・辞典名】雑学大全[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京雑学研究会
  • 【書籍版の価格】2,160
  • 【収録語数】1,000
  • 【発売日】2004年8月
  • 【ISBN】978-4487799473










この書籍の関連アプリ

 アプリ


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
App store


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
Google Play

関連辞典
雑学大全 雑学大全 雑学大全 雑学大全