見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・11月(霜月/November)
    ・19日
    ・月(Monday)
    ・二十四節気
    ┣「立冬」から12日
    ┗「小雪」まで3日
    先負
    ・十支:(きのと)
    ・十二支:(う)
    月齢:11
    月名(旧歴日):十日余りの月(とおかあまりのつき)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 お年玉【東京雑学研究会編】


§お年玉の始まりは?



お正月にもらうお年玉は、子どもたちの何より楽しみである。お年玉の語源は、「年の賜物」といわれており、お中元やお歳暮とは逆に、目上の者が、目下の者に与えるものである。
さて、お年玉といえば、渡す方も渡される方も、現金が普通だと考えているが、これは、戦後になってからの風潮である。
新年を祝って贈り物をする習慣は、室町時代頃から見られたが、もっぱら公家や武士の間で行われた行事であり、品物も武士ならば太刀、商人ならば扇子といったように、子どもに渡すものではなかった。
江戸時代になると、正月には鏡餅のほかに家族の人数分の丸餅を作り、それを神仏に供えたのち、雑煮に入れて食べる習慣が各地で見られるようになった。これが、年神様の魂を分けていただくことだと考えられ、その餅を「お年玉」と呼んだ。
やがて、餅を数多く作って近親者にも贈り、新年の喜びを分け合うようになった。
また、年始の挨拶で家々を回るときに携えていく手土産を、「お年玉」と称するようになった。これは「歳贄」とも書かれていた。
鹿児島の甑島では、「年殿」という年神に扮した村人が元旦の朝、各家を訪れて、子どもたちに丸餅を配る。この餅が、年玉と呼ばれている。
熊野灘の漁村では、子どもが年始に家々を回る。迎える家では、その子どもを福の神見立て小遣い与えると、御利益があるといわれている。
また、全国各地に、分家が本家に年始の挨拶に行った際、歳暮の返礼としてもらう餅を、年玉と呼ぶ習慣が残っている。
本来のお年玉は、個人や家庭の間でやり取りするものというよりは、年神様からの賜物だったり、年神様への捧げ物だったりしたようである。

【出典】 東京書籍(著:東京雑学研究会)
雑学大全

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 12670133
    0
    しおり
  •      
  •      



▼お隣キーワード:踊り字  オナラ  御茶ノ水  お茶  

   


  1. 雑学大全>生活>お金    >    お年玉
  1. ◆「お年玉」の関連ワード

  2. 踊り字

  3. オナラ

  4. 御茶ノ水

  5. お茶


A D

雑学大全について
“働きバチは1日6時間しか働かない”,“下手な医者をなぜ「ヤブ」と呼ぶのか?”,“『浦島太郎』のカメはオスかメスか?”……のような知的好奇心そそる雑学の集大成。なんと全1000項目!!
この言葉が収録されている辞典

 雑学大全


  • 【辞書・辞典名】雑学大全[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京雑学研究会
  • 【書籍版の価格】2,160
  • 【収録語数】1,000
  • 【発売日】2004年8月
  • 【ISBN】978-4487799473










この書籍の関連アプリ

 アプリ


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
App store


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
Google Play

関連辞典
雑学大全 雑学大全 雑学大全 雑学大全