見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・11月(霜月/November)
    ・15日
    ・木(Thursday)
    ・二十四節気
    ┣「立冬」から8日
    ┗「小雪」まで7日
    大安
    ・十支:(かのと)
    ・十二支:(い)
    月齢:7
    月名(旧歴日):上弦の月/弓張月
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 おしっこ【東京雑学研究会編】


§おしっこの後になぜ震えるのか?



老若男女誰でも経験することであろうが、トイレで用を足した後、ブルブルッと身震いしたことがあると思う。特に寒い時期に起こりやすいようだが、これは一体なぜなのだろう。
身体を寒い外気にさらしているとき、自然に肩をすくめ、身体を小刻みに震わせていることがある。失われる熱を補おうと、筋肉が熱を発生させているのだ。また、暑いときは汗をかき、蒸発させることにより、熱を発散させる。
このように人間の身体には、外界の環境が変化しても、できるだけ体内の環境を一定に保とうとするはたらきが備わっている。これをホメオスターシス(恒常性)という。
血液の量や成分もまた、一定に保たれている。どんなに水を飲んでも、不要な水は細胞から出てきた老廃物と一緒に腎臓で濾過され、尿として膀胱にためられる。尿は約一五〇~二〇〇ミリリットルたまると、トイレに行きたくなり、体外に出される。これもホメオスターシスのはたらきである。
ちなみに、大人の両方の腎臓には、一日に五〇〇リットルもの血液が出入りし、それが濾過されて、約二リットルの尿が作られる。
そこで、排尿後のブルブルッの話だが、このとき、体内にたまっていた温かい尿が、急に外に出て行くのだから、大量の熱も身体から奪われてしまう。そのため身体を震わせるのではないかといわれている。
また、副交感神経のはたらきで膀胱が収縮し、排尿するわけだが、その後、交感神経が何らかの反応をしているのではないかとも言われている。
ということは、排尿のメカニズムに関しては、現代の医学でも、まだまだわからないことが多いというわけである。寒さに対して起こる震えと排尿時の震えが、全く同じ原理で起こっているのかどうか、本当のところはわかっていない。

【出典】 東京書籍(著:東京雑学研究会)
雑学大全

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 12670129
    0
    しおり
  •      
  •      



▼お隣キーワード:オスカー像  お茶  奥の手  尾上菊五郎  

   


  1. 雑学大全>ヒトの不思議>人体    >    おしっこ
  1. ◆「おしっこ」の関連ワード

  2. オスカー像

  3. お茶

  4. 奥の手

  5. 尾上菊五郎


A D

雑学大全について
“働きバチは1日6時間しか働かない”,“下手な医者をなぜ「ヤブ」と呼ぶのか?”,“『浦島太郎』のカメはオスかメスか?”……のような知的好奇心そそる雑学の集大成。なんと全1000項目!!
この言葉が収録されている辞典

 雑学大全


  • 【辞書・辞典名】雑学大全[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京雑学研究会
  • 【書籍版の価格】2,160
  • 【収録語数】1,000
  • 【発売日】2004年8月
  • 【ISBN】978-4487799473










この書籍の関連アプリ

 アプリ


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
App store


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
Google Play

関連辞典
雑学大全 雑学大全 雑学大全 雑学大全