見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・10月(神無月/October)
    ・18日
    ・木(Thursday)
    ・二十四節気
    ┣「寒露」から10日
    ┗「霜降」まで5日
    赤口
    ・十支:(みずのと)
    ・十二支:(ひつじ)
    月齢:9
    月名(旧歴日):上弦の月/弓張月
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 干支【東京雑学研究会編】


§干支はどうして「十二支」になったのか?



十二支の単位は、元々は中国から伝わったものである。中国文化とともに発展してきた日本では、この単位はとてもなじみの深いものだ。生まれ歳を干支で表現したり、干支占いというものも人気がある
さて、十二支は子、丑、寅、卯、辰、巳、午、未、申、酉、戌、亥である。これに動物が使われているのは、覚えやすくするためという説があるが定かではない。
十二支の単位とは、一二年で一巡する年の単位なのである。中国では惑星の動きは大切と考えられてきたが、中でも木星の動きが天文学上、とても重要視されてきた。
木星が黄道(天球上の大きな円)を約一二年で一周することから、これを基準に一二年で一巡するという現在の干支が考えられたのである。

【出典】 東京書籍(著:東京雑学研究会)
雑学大全

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 12670103
    0
    しおり
  •      
  •      




   


  1. 雑学大全>>    >    干支

A D

雑学大全について
“働きバチは1日6時間しか働かない”,“下手な医者をなぜ「ヤブ」と呼ぶのか?”,“『浦島太郎』のカメはオスかメスか?”……のような知的好奇心そそる雑学の集大成。なんと全1000項目!!
この言葉が収録されている辞典

 雑学大全


  • 【辞書・辞典名】雑学大全[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京雑学研究会
  • 【書籍版の価格】2,160
  • 【収録語数】1,000
  • 【発売日】2004年8月
  • 【ISBN】978-4487799473










この書籍の関連アプリ

 アプリ


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
App store


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
Google Play

関連辞典
雑学大全 雑学大全 雑学大全 雑学大全