見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・11月(霜月/November)
    ・13日
    ・火(Tuesday)
    ・二十四節気
    ┣「立冬」から6日
    ┗「小雪」まで9日
    先負
    ・十支:(つちのと)
    ・十二支:(とり)
    月齢:5
    月名(旧歴日):五日月(いつかつき)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 エデンの園【東京雑学研究会編】


§エデンの園はどこにある?



万物の創造主の神様は、土からアダムを作り、アダムの肋骨からイヴを作り、エデンの園に住まわせた。
エデンの園には食用になるすべての植物が植えられており、中央には「生命の樹」と「善悪を知る樹」が生えている、まさにパラダイスだった。アダムとイヴはこのエデンの園で何不自由なく暮らしていたが、ヘビにそそのかされて「善悪を知る樹」になる「知恵の木の実」を食べてしまったため、神様に追放されてしまった。
神様はこの後、園の入り口に暴風と風と稲妻の象徴であるケルビムと回る炎の剣を置いて人間が立ち入ることができないようにしてしまったという。
『エゼキエル書』では、北方に神話的に想定されている神様の山の頂にある、宝石におおわれた園が考えられている。『創世記』にはエデンから川が流れ出ていて、ピソン、ギホン、ヒデケル(チグリス)、ユフラテ(ユーフラテス)の四つの流れに分岐する、と書かれている。
このようにエデン関する記述があまりにも詳しいので、古くから場所を特定する研究に数多くの学者が取り組んできた。
『創世記』のピソン川をインダス川だという説、ガンジス川だという説もある。ピソン川がどこにあるかによってエデンの位置も変わってくるため、結局八〇を超える候補地が生まれ、その地図までが作成されることになったのだ。
しかし、聖書が生まれるはるか以前に、シュメール神話の「ディムルンの国」のように、いろいろな文化の中にエデンに似たパラダイスの概念はあったようだ。
エデンがどこにあったかを地理的に論じるのではなく、エデンは人間と社会の調和を保つ世界を象徴的に表す土地、つまり地球そのもの、とはじめて気付いたのは一六世紀ドイツの宗教改革者マルティン・ルターだった。

【出典】 東京書籍(著:東京雑学研究会)
雑学大全

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 12670102
    0
    しおり
  •      
  •      



▼お隣キーワード:干支  エドガー・アラン・ポー  エッチな色  エコー  

   


  1. 雑学大全>地理>場所    >    エデンの園
  1. ◆「エデンの園」の関連ワード

  2. 干支

  3. エドガー・アラン・ポー

  4. エッチな色

  5. エコー


A D

雑学大全について
“働きバチは1日6時間しか働かない”,“下手な医者をなぜ「ヤブ」と呼ぶのか?”,“『浦島太郎』のカメはオスかメスか?”……のような知的好奇心そそる雑学の集大成。なんと全1000項目!!
この言葉が収録されている辞典

 雑学大全


  • 【辞書・辞典名】雑学大全[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京雑学研究会
  • 【書籍版の価格】2,160
  • 【収録語数】1,000
  • 【発売日】2004年8月
  • 【ISBN】978-4487799473










この書籍の関連アプリ

 アプリ


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
App store


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
Google Play

関連辞典
雑学大全 雑学大全 雑学大全 雑学大全