見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・11月(霜月/November)
    ・17日
    ・土(Saturday)
    ・二十四節気
    ┣「立冬」から10日
    ┗「小雪」まで5日
    先勝
    ・十支:(みずのと)
    ・十二支:(うし)
    月齢:9
    月名(旧歴日):上弦の月/弓張月
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 運命【東京雑学研究会編】


§ベートーヴェンに「運命」という曲はない!?



描かれた当時は未来の物語だった鉄腕アトム誕生のシーンで、アニメのバックに流れたのが、ベートーヴェンの「運命」だった。ダダダダ~ンで始まるクラシックファンならずともよく耳にするインパクトのある曲だ。
この曲の正しい名称は、ベートーヴェン作曲の「第五交響曲ハ短調作品六七」であり、「第五」と略称されることもある。ところが「運命」という通称のほうが、すっかり有名になってしまったのである。
これは、ベートーヴェンの弟子であるシンドラーが、「運命はかく扉を叩く」という意味で最初の小節を書いたとベートーヴェンが語ったと人々に伝えたため、テーマが「運命」という曲なのだと通称のほうが通りがよくなったのである。
たしかにインパクトのある出だしの曲には、交響曲の何番という即物的な命名より、「運命」という名前のほうが似合っている。ちょうど彼が耳が聞こえなくなりかけた頃の作品でもあり、彼本人の人生と重ね合わせたときも「運命」の名がふさわしい。
しかし、全部で九曲あるベートーヴェン交響曲は、五番に限らず「第六交響曲」とか「第九交響曲」という正式名称より、「田園」や「合唱つき」または「歓喜の歌」のような通称のほうがよく知られているし、名前を聞いただけでメロディを耳の奥に響かせることのできる人が多い。
それはベートーヴェンの作曲手法が、一つのモチーフとなるメロディを、曲全体にわたって大きく響かせるため、具体的にその主題を象徴する言葉が、より親しみやすい曲名として有名になる傾向があるのだ。
また別の意味で、正式名称より通称が有名になった曲として、「バイオリンソナタ第九番イ長調作品四七」をあげることができる。これは最初、イギリスバイオリニストブリッジタワーのために書かれたが、二人の相性はよくなかったらしい。のちにクロイツェルに、「世界最高のバイオリニストのために書いた曲だから、これはきみのものだ」と演奏を許したところから、今では「クロイツェル・ソナタ」と呼ばれるようになった。

【出典】 東京書籍(著:東京雑学研究会)
雑学大全

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 12670092
    0
    しおり
  •      
  •      



▼お隣キーワード:エアバッグ①  エアバッグ②  運動神経    

   


  1. 雑学大全>>    >    運命
  1. ◆「運命」の関連ワード

  2. エアバッグ①

  3. エアバッグ②

  4. 運動神経



A D

雑学大全について
“働きバチは1日6時間しか働かない”,“下手な医者をなぜ「ヤブ」と呼ぶのか?”,“『浦島太郎』のカメはオスかメスか?”……のような知的好奇心そそる雑学の集大成。なんと全1000項目!!
この言葉が収録されている辞典

 雑学大全


  • 【辞書・辞典名】雑学大全[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京雑学研究会
  • 【書籍版の価格】2,160
  • 【収録語数】1,000
  • 【発売日】2004年8月
  • 【ISBN】978-4487799473










この書籍の関連アプリ

 アプリ


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
App store


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
Google Play

関連辞典
雑学大全 雑学大全 雑学大全 雑学大全